ひと夏の奇跡(再会した世界)

2017年(SBS)20話
演出:イ・ヒミョン
脚本:ペク・スチャン
原題:다시 만난 세계(再会した世界)

【主な登場人物】

ヨ・ジング ソン・ヘソン 19歳で事故死して12年後に復活
イ・ヨニ チョン・ジョンウォン ヘソンの初恋相手、レストラン厨房補助
アン・ジェヒョン チャ・ミンジュン ジョンウォンが働くレストランのオーナーシェフ
イ・シオン シン・ホパン ヘソンとジョンウォンの友人、警察官
パク・ジンジュ ホン・ジンジュ ヘソンとジョンウォンの友人
キム・ジヌ チャ・テフン ヘソンとジョンウォンの友人、チョンホ百貨店常務
ユン・ソヌ ソン・ヨンジュン ヘソンの義弟、胸部外科医
キム・ガウン ソン・ヨンイン ヘソンの義妹、チョンホ百貨店勤務
クァク・ドンヨン ソン・ヘチョル ヘソンの実弟

【ストーリー】

高校3年生19歳の誕生日に事故で亡くなったソン・ヘソン(ヨ・ジング)は、突然12年後の現代に甦る。ヘソンの兄弟や高校の友人たちは12年の歳月をそれぞれ生きてきたが、ヘソンは死んでいた12年間が空白となっており19歳のままの姿。
ヘソンと幼なじみで高校時代付き合っていたチョン・ジョンウォン(イ・ヨニ)は31歳。ヘソンの死は自分のせいだと責め続け、借金取りに追われながら、レストランの厨房で働く日々。亡くなったはずのヘソンが昔のままの姿で現れ、戸惑う。
ジョンウォンが働くレストランのオーナーシェフのチャ・ミンジュン(アン・ジェヒョン)は、ジョンウォンに想いを寄せ告白するが、初恋相手を忘れられないジョンウォンに振られてしまう。
ヘソンは自分に12年前自分が死んだ日に起きた殺人事件の容疑がかかっていて、兄弟やジョンウォンが苦労してきたことを知り、衝撃を受け、殺人犯の汚名を晴らすため、ジョンウォンや同級生の協力を得ながら殺人事件の真犯人を捜し始める。そして、ジョンウォンを一途に想い続ける。

【感想】

亡くなったはずの人が突然12年後に甦るという、ちょっとびっくりな始まりですが、何故彼は甦ったのか?というか甦えさせられたのか?…自分が若くして亡くなった後、自分に殺人犯の容疑がかけられ、残された弟妹や友人が辛い思いをして生きていくのはあまりにも無念です。その無念を晴らすチャンスを神様が与えてくれたのではないでしょうか。

ミステリー要素はありながらも緊迫感は無くゆったりとストーリーが進みます。バラバラになっていた兄弟が、彼の出現によって再び家族としてまとまっていく展開に感動させられます。

ロマンスについては、実際の年齢差も12歳くらいでしょうか。若くして演技はベテランの域のヨ・ジングとチャーミングなイ・ヨニ、年齢差の違和感は感じられずお似合いのカップルでした。コミカルタッチで描かれている二人のロマンスですが、最後は切なくて涙涙でした。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

3.14/5 (7)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.