善徳女王

イ・ヨウォン/コ・ヒョンジョン/オム・テウン/パク・イェジン/キム・ナムギル/ユ・スンホ

2009年(MBC)62話
韓国タイトル:선덕여왕(ソンドクニョワン)
脚本:キム・ヨンヒョン
演出:キム・グンホン/パク・ホンギュン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

イ・ヨウォン トンマン→善徳女王 チンピョン王とマヤ夫人の間に生まれた双子の妹
コ・ヒョンジョン ミシル 宮殿を支配する宮主
オム・テウン キム・ユシン 伽揶出身の花郎徒のリーダー
パク・イェジン チョンミョン トンマン王女の双子の姉
キム・ナムギル ピダム ミシルの捨て子
ユ・スンホ キム・チュンチュ チョンミョン王女の息子

【概要】
7世紀の新羅時代、韓国で初の女王となった善徳女王が歩む波乱万丈の生涯を、実際の歴史に基づきながら、ドラマチックに描いた作品。脚本は『宮廷女官チャングムの誓い』を手掛けたキム・ヨンヒョン氏。
優れた政治能力と色仕掛けで宮廷の権力を我がものにしようとするミシル。王妃は双子の姉妹を産むが、双子が産まれると王族の男子が絶えるという言い伝えにより双子の妹トンマン(後の善徳女王)を侍女に託す。トンマンはたくましい少女に成長し、双子の姉チョンミョンと出会い、男性になりすましてユシン(オム・テウン)のもと花郎となる。やがてトンマンは自分の出生の秘密を知ることになり、ユシンと、親しくなったピダム(キム・ナムギル)に支えられ、さまざまな苦難を乗り越え、女王の座に就く。

【感想】
前半、中盤、後半といくつかの山場があって、とても引き込まれる面白い時代劇です。トンマンの少女時代、男として生きていく姿、そして女王になってからの苦悩、いろいろなシーンが心に残っています。ミシル(コ・ヒョンジョン)が魅力的な悪女を好演しています。後半から現れるピダム(キム・ナムギル)には心惹かれ、ラストは泣かされました。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4.27/5 (11)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.