この人生は初めてだから

2017年(tvN)16話
演出:パク・ジュンファ
脚本:ユン・ナンジュン
原題:이번 생은 처음이라(イボン センヌン チョウミラ)

【主な登場人物】

イ・ミンギ ナム・セヒ アプリ開発デザイナー
チョン・ソミン ユン・ジホ ドラマ脚本家見習い
キム・ミンソク シム・ウォンソク ホランの恋人
キム・ガウン ヤン・ホラン ジホの親友
パク・ビョンウン マ・サング セヒが勤める会社のCEO
イ・ソム ウ・スジ ジホの親友

【ストーリー】
IT企業でアプリ開発に携わるデザイナー、ナム・セヒ(イ・ミンギ)は、他人にあまり関心がなく、合理的に生きる独身主義者。将来の安定のために買った家のローン返済に苦しみ、毎月家賃を支払ってくれる同居人を募集する。
一方、ドラマの見習い作家をするユン・ジホ(チョン・ソミン)は、ソウル大学卒の高学歴女子。安月給の補助作家として働き続けて5年、同居していた弟ができちゃった結婚をすることになり居場所がなくなってしまったジホは家を出ることに。
お互いの知り合いを通じて家主と入居者として同居することになったセヒとジホ。異性としての感情はなくお互いに同居人として好条件であることを理由に契約結婚の形をとることになるが…。

【感想】
素敵なドラマでした。
愛はなく条件だけから始まった二人の同居生活ですが、徐々に二人の間に愛が育ち、愛ゆえに契約結婚が苦しくなります。
メインのカップルのほかにジホの友人二人の恋愛が描かれています。
長く同棲生活をしているホランとウォンソクのカップルは、愛し合ってるのにウォンソクが経済的に自信がないことを理由を結婚に踏み切れず…
遊びから始まったスジとサングのカップルは、サングが本気になりますがスジが体の不自由な母親の面倒を見るため結婚は考えられず…
それぞれ違った問題を抱えるこの3組のカップルを通じて、結婚、恋愛について考えさせられます。
日本でもですが特に韓国では、結婚するとお互いの実家に関わる古い慣習がつきまとうことになります。メインのカップルが終盤でその辺の問題を二人の愛を最優先していこうとする考えに共感しました。(現実問題としては難しいとは思いますが…)
3組のカップルを演じる俳優さんひとりひとりが演技が良くて素敵でした。
全体を通じてトーンが落ち着いていて、癒されるドラマでもありました。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

このドラマのあなたの評価を★の数(5段階)でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください