ビッグマン

カン・ジファン/イ・ダヒ/チェ・ダニエル/チョン・ソミン

bigman

2014年(KBS)16話
脚本:チェ・ジンウォン
演出:チ・ヨンス

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

カン・ジファン キム・ジヒョク 孤児でチンピラ
イ・ダヒ ソ・ミラ 財閥グループの社員
チェ・ダニエル カン・ドンソク 財閥グループの御曹司
チョン・ソミン カン・ジナ ドンソクの妹

【概要】

孤児に生まれ、下町の市場でチンピラ生活を送っていた男、キム・ジヒョク(カン・ジファン
財閥の後継者カン・ドンソク(チェ・ダニエル)が交通事故に遭い、緊急の心臓移植手術が必要になる。父親である会長は、ドナー探しに金と権力をつぎ込み、児童養護施設で育った天涯孤独のジヒョクに目をつけ、ジヒョクの心臓を得るために「生き別れの長男が見つかった」という無理矢理な話をでっちあげる。
ジヒョクは、道で頭を殴られ病院に急送されると、ただちに脳死判定が下され、手術室で心臓を取り出されそうになる。だが、その寸前に驚異的な生命力でまさかの復活をとげる。
マスコミに隠し子の存在をかぎつけられた会長は、仕方なくジヒョクをヒョンソン流通の新社長に任命する。
こうして町のごろつきから一夜にして財閥の後継者になったジヒョクは、慣れない環境と人間関係の中で戸惑いながらも、女性補佐ソ・ミラ(イ・ダヒ)の助けもあり、財閥グループの中で着実に人望を得ていく。しかし、徐々に会長が仕掛けた恐ろしい陰謀の影に気づき始める。
ジヒョクは、自分と本当に守らなければならないかけがえのない仲間、家族の為に、世の中の不条理と巨大な権力に正義感を武器に闘いを挑んでいく。

【感想】

さすがカン・ジファン!序盤では、今回はシリアスモードオンリーなのかな?と思っていたら、中盤からお得意のコミカルな演技も見せてくれて、演技の実力を感じさせてくれました。チェ・ダニエルは今回は悪役を好演していました。演技が光っていたのは、妹役のチョン・ソミン。期待株です。
ストーリーは、財閥家族がとんでもなくひどいことをする話なのですが、カン・ジファンがどのように財閥の悪と戦い、正義を実現してくれるのかという期待を胸に見進めました。結果、見事に痛快にそれを成し遂げてくれるわけですが、絶対に無理と思えるような困難な状況でも諦めずに突き進んでいく姿に勇気をもらえます。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください