金よ出てこい☆コンコン

ハン・ジヘ/ヨン・ジョンフン/イ・テソン/イ・スギョン/ペク・ジニ/パク・ソジュン/キム・ヒョンジュン(マンネ)/キム・イェウォン

kaneyodetekoi

2013年(MBC)50話
韓国タイトル:금 나와라 뚝딱!(金よ出てこい、さっさと!)
演出:イ・ヒョンソン/チェ・ウンギョン
脚本:ハ・チョンオク

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

ハン・ジヘ チョン・モンヒ/ソン・ユナ アクセサリーの露天商/ヒョンスの妻(二役)
ヨン・ジョンフン パク・ヒョンス 長男
イ・テソン パク・ヒョンジュン 次男
イ・スギョン ミン・ソンウン ヒョンジュンの妻、宝石デザイナー
パク・ソジュン パク・ヒョンテ 三男
ペク・ジニ チョン・モンヒョン ヒョンテの妻で、モンヒの妹
キム・ヒョンジュン(マンネ) チョン・モンギュ モンヒの弟
キム・イェウォン ミンジョン モンギュのアルバイト同僚→恋人

【概要】
アクセサリーの露天商をしながらジュエリーデザイナーを夢見るモンヒ(ハン・ジヘ)は、ある日、偶然に出会った宝石会社の御曹司ヒョンス(ヨン・ジョンフン)から、モンヒとうりふたつのヒョンスの妻ユナに成りすますアルバイトをしてほしいと持ちかけられる。政略結婚をしたヒョンスとユナは離婚寸前の仲だったが、ある理由によりユナと行動を共にしなければならないのだ。こうしてモンヒは、顔はそっくりだが性格は正反対の、富豪一家の若奥様の身代わりを務めることに…。一方、モンヒの母は、ヒョンスの父が経営する宝石会社の販売員として、一家の家計を支えていた。ひょんなことから、モンヒの妹(ペク・ジニ)と、ヒョンスの弟ヒョンテ(パク・ソジョン)の縁談が持ち上がる。

【感想】
見どころの1つは何と言ってもハン・ジヘの一人二役。明るく逞しい女の子のモンヒと、冷めた口調でお高くとまった若奥様のユナ。ハン・ジヘが二役をやることを知っていながらも、最初はびっくりしました。え?これが同一人物?と。まったく正反対の役柄を見事に演じていて、本当に実力のある女優さんです。モンヒがユナがいない間ユナの代役をするのですが、後に出てくる本物のユナは、モンヒが演じるユナともまた少し違っていて面白いです。
最初に思っていたイメージとは違って、結構内容の濃いドラマでした。
母親の息子への執着心はドラマで多く取り上げられるところですが、何故にそこまで執着を持つのか、私にはとても理解不能でした。お国柄の違いでしょうか。
母親の違う3人の兄弟がそれぞれに悩みながら成長していき、それに伴って母親も成長していき、家庭内がうまく収まっていくという流れ。
登場人物のキャラが一人一人個性的ではっきりしていて面白かったです。
二人のハルモニの関係性も微笑ましかったです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

フォローする

コメントを残す