いとしのソヨン

イ・ボヨン/イ・サンユン/パク・ヘジン/パク・チョンア/イ・ジョンシン/チェ・ユニョン/シム・ヒョンタク/ミン・ヨンウォン/チャン・ヒジン

soyon

2013年(KBS)50話
演出:ユ・ヒョンギ
脚本:ソ・ヒョンギョン

【主な登場人物】

イ・ボヨン イ・ソヨン 弁護士
イ・サンユン カン・ウジェ ソヨンの夫で、ウィナーズ副社長
パク・ヘジン イ・サンウ ソヨンと双子の弟、研修医
パク・チョンア カン・ミギョン ウジェの妹、研修医
イ・ジョンシン カン・ソンジェ ウジェの弟、大学生
チェ・ユニョン チェ・ホジョン サンウに片想いする音大生
シム・ヒョンタク チェ・ギョンホ サンウの病院の教授
ミン・ヨンウォン イ・ヨニ ソヨンの高校の同級生
チャン・ヒジン チョン・ソヌ ウジェの元恋人

【概要】
借金を重ねる父のせいで、高校時代から苦労を続けてきたソヨン(イ・ボヨン)は、双子の弟サンウ(パク・ヘジン)を医大に進学させるため学費を工面しながら、法学部に通っていた。大学4年生の夏休み、相変わらずの父に愛想をつかして家を出たソヨンは、一流企業の社長の息子ソンジェ(イ・ジョンシン)の家庭教師の仕事を始め、その家の長男ウジェ(イ・サンユン)と出会う。ソヨンに興味を持ち、強引にアプローチしてくるウジェに、ソヨンもだんだん惹かれていく。2人の交際が発覚し、ウジェの両親に会うことになったソヨンは、家族のことを聞かれ「父親はいない」と言ってしまう。ソヨンとウジェは結婚することになり、幸せな結婚生活を送り始めるが、「父親はいない」と言った嘘で、自分自身も苦しみ、家族や周囲に影響を及ぼしていく。

【感想】
父親と娘の愛を軸にしたドラマです。登場人物がそれぞれ成長していく姿が描かれ、後味の良いドラマでした。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4/5 (1)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.