アビス

2019年(tvN)16話
演出:ユ・ジェウォン
脚本:ムン・スヨン
原題:어비스(オビス)

【主な登場人物・キャスト】

パク・ボヨン コ・セヨン/イ・ミド 中央地検特捜部検事
アン・ヒョソプ チャ・ミン 財閥御曹司
クォン・スヒョン ソ・ジウク 中央地検特捜部主任検事
イ・シオン バク・ドンチョル 強力班刑事
ソン・サンウン 整形後のイ・ミド 弁護士
ハン・ソヒ チャン・ヒジン チャ・ミンの元婚約者
イ・ソンジェ オ・ヨンチョル 天才外科医→殺人鬼
キム・サラン コ・セヨン 生き返る前のコ・セヨン
アン・セハ チャ・ミン 生き返る前のチャ・ミン

【ストーリー】

チャ・ミン(アン・セハ)は、温厚で優秀だが、見た目が残念な財閥御曹司。ミンの初恋の人、コ・セヨン(キム・サラン)は、超美人の検事。初恋が実らず、チャンミンはセヨンに紹介された女性と結婚することになるが、結婚直前に相手がいなくなってしまう。ミンは、悲観して飛び降り自殺しようとためらっているところに強風が吹いて謎の飛行物体とぶつかり死んでしまう。そこに謎の二人が現れ、”アビス”という魂を蘇らせる不思議な玉でミンを生き返らせる。生き返ったミンは、なんと超イケメン(アン・ヒョソプ)になっていて、”アビス”の持ち主となっていた。

一方、超美人の検事セヨンは、ある連続殺人事件の捜査をしていたが、ある夜、何者かに殺されてしまう。悲しむミンは、”アビス”で彼女を生き返らせる。生き返ったセヨンは、やはり容姿が変わり、普通のルックスの女性(パク・ボヨン)になっていた。そしてその姿は、セヨンが嫌っていた先輩弁護士イ・ミドとそっくりだった。セヨンとミンは共に、元セヨンが殺された事件の真相を探り始める。

【感想】

NETFLIXで観ました。
「ファンタジー+サスペンス+ロマンス+コメディ」ドラマです。

宇宙人なのか霊的なものなのかよくわからない人が現れて、亡くなった人が別の姿で蘇るという、ミステリアス+コミカル+ファンタジックなインパクトのあるシーンから始まります。アビスという不思議な玉の存在を軸にストーリーが展開します。

元のミンを演じる俳優アン・セハから生き返ったミンを演じるイケメン俳優アン・ヒョソプに代わって、魂は同じというのがね💦ルックスによってこうも印象が変わるものなんだな~って思いますね。
アン・セハさんは前記事の「2度目のファーストラブ」では、元イケメンだったのに成長してブサ男になっていたという設定で💦ブサ男キャラも貴重な人材ですよね😊

生き返ったセヨンを演じるパク・ボヨンはラブコメの女王と言われ、
力の強い女ト・ボンスンでその実力を感じさせてくれてましたが、今作では一人二役を演じて、新たな一面も見せてくれています。

元のセヨンを演じるキム・サランさん、久しぶりに見ましたが、以前はちょっとパッとしない雰囲気だったように思うんですが、イケていてちょっと驚きです。以前よりも若返ったような?

ストーリー的には、謎が謎のままよくわかんないままだったり、結構ハチャメチャなんですが、コメディーと思えば、その辺は追求しなくてもいいのかな。よくわかんないところもわかんないまんま楽しめれば、面白く見れると思います😊
私の総合点は

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
3/5 (1)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.