偉大な誘惑者

2018年(MBC)16話
演出:カン・イン/イ・ドンヒョン
脚本:キム・ボヨン
原題:위대한 유혹자(ウィデハン ユホクチャ)

【主な登場人物】

ウ・ドファン クォン・シヒョン JKグループ御曹司
ジョイ ウン・テヒ 建築学科学生
ムン・ガヨン チェ・スジ ミョンジョン理事長の一人娘
キム・ミンジェ イ・セジュ チュソングループの末息子
クォン・ソグ シン・ソンウ シヒョンの父、JKグループ副会長
ミョン・ミリ キム・ソヒョン スジの母、ミョンジョン病院院長
ソル・ヨンウォン チョン・ミソン テヒの母、陶芸家

【ストーリー】

フランス小説『危険な関係』をモチーフに現代の韓国を舞台にアレンジ。複雑に絡み合った4人の若い男女のスリリングで甘いラブロマンス。

JKグループの御曹司で女性たちの心を鷲掴みにしてしまう魅力を持つクォン・シヒョン(ウ・ドファン)、チュソングループ会長の末っ子で遊び人のイ・セジュ(キム・ミンジェ)、そしてミョンジョン病院理事長の一人娘でプライドの高いチェ・スジ(ムン・ガヨン)。高校時代に出会った3人は、それぞれ裕福な環境で育ちながらも親との関係に傷つき苦しみ、心を分かり合えるのは3人だけだという絆で結ばれ、いつもつるんではトラブルを起こしていた。シヒョンが荒れ始めたのは、数年前、母親を事故で亡くしたのがきっかけだった。母の死は単純な事故ではなく父のせいで心が病んだからだと、父を憎んでいた。

そんなある日、シヒョンの父とスジの母が結婚を発表する。シヒョンは親の結婚を阻止するため、スジに自分たちが先に結婚してしまおうと提案する。スジは、自分を振ってプライドを傷つけた男、ギヨンへの復讐とシヒョンの気持ちを確かめるため、シヒョンの提案に条件を出す。それは、ギヨンの初恋相手であるテヒ(ジョイ)を誘惑して、彼女をもてあそんでから捨てるという危険な恋愛ゲームだった。テヒは、アプローチしてくるシヒョンに対して最初は嫌悪感を持つが、シヒョンの誠実な態度に次第に心を許していく。そしてシヒョンも、ゲームのつもりで近づいたテヒに対して次第に心を開き、本気で愛するようになる。

【感想】

マッド・ドッグ」で一躍人気俳優となったウ・ドファンの初めての恋愛ドラマ。実は、このドラマ、最初の方だけ見てみるつもりが、引き込まれて最後まで完走しました。女性の心を惑わす怪しい魅力、その反面傷つきやすく純粋な心の持ち主。愛する女性への優しい眼差し。彼の演技を見るだけでも一見の価値ありかなと思います。気位の高いお嬢様を演じるムン・ガヨンも良かったし、対照的に温かくて素朴な女性を演じるジョイも良かったです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
1/5 (1)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.