オレンジ・マーマレード

2015年(KBS)12話
演出:イ・ヒョンミン、 チェ・ソンボム
脚本:ムン・ソサン
原題:오렌지 마말레이드

【主な登場人物】

ヨ・ジング チョン・ジェミン 朝鮮時代:兵曹判書の息子
現代:優等生
ソリョン ペク・マリ 朝鮮時代:吸血族の少女
現代:ヴァンパイア、転校生
イ・ジョンヒョン ハン・シフ 朝鮮時代:文官の高官の息子
現代:ヴァンパイア、問題児
キル・ウネ チョ・アラ 朝鮮時代:名家の令嬢
現代:ジェミンのクラスメイト
ソン・ジョンホ ハン・ユンジェ 朝鮮時代:吸血鬼
現代:教師、ジェミンの母の結婚相手
イ・イルファ ヤンピョン
カン・ミンハ
朝鮮時代:ジェミンの乳母
現代:ジェミンの母
アン・ギルガン ペギ
ペク・スンフン
朝鮮時代:吸血族の頭首、マリの父
現代:ヴァンパイア、マリの父
ユン・イェヒ ソン・ソナ 朝鮮時代:吸血族、マリの母
現代:ヴァンパイア、マリの母

【ストーリー】

原作は同名の人気ウェブ漫画。1~5話は朝鮮王朝時代のお話で6~12話は現代のお話。同じキャストでそれぞれの時代で人間とヴァンパイアが共存する世界を舞台に、人間とヴァンパイアの切ないラブストーリーが描かれている。

400年前の朝鮮王朝時代、人の血を吸って人間を支配しようとする吸血鬼と、動物の血を吸って人間との共存を望む吸血族が対立していた。
ある日、兵曹判書の息子で成均館で学ぶジェミン(ヨ・ジング)は、森の中で毒蛇に噛まれたところ吸血族の頭首の娘であるマリ(ソリョン)に助けられ、彼女が吸血族とは知らずに心を奪われる。一方、文官の高官の息子でジェミンの友人であるシフ(イ・ジョンヒョン)もマリに思いを寄せる。

時は現代に。人間とヴァンパイアが一定の取り決めを元に共存する世界となっている。幼い時からヴァンパイアであることで辛い思いをし、転校を繰り返していた。今度こそ転校先の学校を卒業したいと思い、ヴァンパイアであることを隠そうと目立たないように過ごしていた。マリは、登校中に出会った甘い血の匂いがする同級生のジェミンのことが気になり始め、ジェミンもマリに惹かれる。

【感想】

このドラマ、2015年の作品でかなり前に見たんですが、更新できずに置いてあって、今回、ヨ・ジング主演の「ひと夏の奇跡」を見たので、思い出して書いてます。
ファンタジックで結構面白かったんです。特に私は最初の朝鮮王朝時代のお話にスーッと引き込まれて結構感動しました。後半突然、現代の高校生のお話になって、最初のうちは学園ものって感じでちょっとテンション下がったんですけど、だんだんと朝鮮王朝時代のストーリーと繋がっていって面白くなっていきました。
単にファンタジーというだけでなく、ヴァンパイアがひとつの人種のようなものとして捉えられていて、人種差別を無くして共に生きていこうというメッセージ性を感じられたのが良かったです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
1.75/5 (4)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.