イケメン(美男)ですね

5

2009年(SBS)16話
演出:ホン・ソンチャン
脚本:ホン・ジョンウン/ホン・ミラン

ikemendesune

主な登場人物・キャスト

チャン・グンソク ファン・テギョン ANJELLリーダー、ギター、ボーカル
パク・シネ コ・ミナム
(コ・ミニョ)
ANJELLキーボード、ボーカル
イ・ホンギ ジェルミ ANJELLドラム
チョン・ヨンファ カン・シヌ ANJELLギター
ユイ ユ・ヘイ 人気女優

全体のあらすじ

修道院のシスター見習いのミニョ(パク・シネ)は、双子の兄ミナムになりかわって、人気グループA.N.JELLの新メンバーになる。

グループのリーダーで最高の人気のテギョン(チャン・グンソク)は気難しい性格で、最初はドジなミナム(ミニョ)を嫌っていたが、ミナムが女性だと知りマスコミから守っていく。

物静かな性格のメンバー、シヌは、最初からミナムが女性だと気づいてミナムを愛し始めるが、自分の思いを隠して秘かにミナムを助ける。

天真爛漫な性格のメンバー、ジェルミは、ミナムが男だと思いつつも好きになってしまい自分の思いに戸惑っている。

感想

久々にハマったドラマです!私の韓ドラベスト10にランクイン!ストーリーが実に面白くて、引き込まれます。1話ごとの終わり方が、続きはどうなるのか気になる終わり方!

3人の男性メンバーがそれぞれ個性がハッキリしていて魅力的で、パク・シネちゃんも可愛くて好感が持てます。何故にこんなに面白いのかと考えてみると、4人の思いそれぞれに共感できて感情移入ができるんです。笑える面白さ満載な上に泣きどころもあり、胸キュンポイントもあり、素晴らしい脚本だと思いました。

知らずに見ていたのですが、脚本家は私の上位のドラマ、「快刀ホンギルドン」や「ファンタスティック・カップル」などを書いた方なんですね。なるほどと納得できました。どれも笑えて泣けてキュンとするドラマですね。この脚本家の方の今後のドラマも期待します。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

皆さんの評価

4.57/5 (14)

あなたの評価を5段階でお願いします