ある素敵な日

コン・ユ/ソン・ユリ/イ・ヨニ/ナムグン・ミン

arusutekinahi

2006年(SBS)16話
脚本:ソン・ウネ
演出:シン・ヒョンチャン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

コン・ユ ソ・ゴン チンピラ
ソン・ユリ ソ・ハヌル/パク・ヘウォン ゴンの義妹
イ・ヨニ ク・ヒョジュ ゴンに片想い
ナムグン・ミン カン・ドンハ ハヌルが働く水族館の職員

【概要】
離ればなれになった兄妹が15年ぶりに出会うことから始まる切ないラブストーリー。
15年前に両親を亡くし、幼い妹ハヌル(ソン・ユリ)を置いたままオーストラリアへ行くしかなかったゴン(コン・ユ)。ハヌルは大富豪の家の養女になったが、兄がいつか迎えに来てくれると信じて生きてきた。
オーストラリアで詐欺師となったゴンは、妹のような存在のヒョジュ(イ・ヨニ)の入院費を稼ぐ目的で韓国のハヌルのもとへと向かい、兄妹は15年を経て再会する。

【感想】
お決まりの四角関係ですが、あまりドロドロ感はなく、きれいなドラマです。
コン・ユもいいけど、恋のライバル役のナムグン・ミンの演技も好きです。
ラストが物足りない感があり残念。。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
2/5 (1)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします