最後から二番目の恋

チ・ジニ/キム・ヒエ/クァク・シヤン/チョン・スヨン/キム・スルギ

2016年(SBS)20話
演出:チェ・ヨンフン
脚本:チェ・ユンジョン

【主な登場人物】

チ・ジニ コ・サンシク 市役所の観光課課長
キム・ヒエ カン・ミンジュ テレビ局ドラマプロデューサー
クァク・シヤン パク・ジュヌ サンシクの義弟、カフェ経営
チョン・スヨン コ・サンヒ サンシクの上の妹、主婦
キム・スルギ コ・ミレ サンシクの下の妹、ウェブ漫画家

【ストーリー】

40代後半でシングルライフを謳歌するドラマプロデューサー、ミンジュ(キム・ヒエ)。妻に先立たれ、中学生の娘を男手ひとつで育てる地方公務員のサンシク(チ・ジニ)。二人は観光地での撮影を巡り出会うが、数々の誤解が重なり、お互いに最悪の印象を持ち合う。その後ミンジュは、郊外の一軒家に引越しすることになるが、引っ越した隣の家の住人はなんとサンシクだった。最初はいがみあうミンジュとサンシクだったが、徐々に誤解が解け、お互いに本音を話し合えるような仲に…。いっぽう、サンシクの家でカフェを営むサンシクの義弟、ジュヌ(クァク・シヤン)はミンジュに想いを寄せ、ミンジュにアプローチする。ジュヌとサンシクの間で気持ちが揺れるミンジュ。やがて、ミンジュとサンシクは辛い過去にまつわる因縁で繋がっていることが次第に明らかになっていく。

【感想】

日本のドラマのリメイクですね。私は日本のドラマは見ていないので比較はできませんが、面白かったです。40代後半の男女のロマンスものって韓国ドラマでは珍しいと思います。キム・ヒエとチ・ジニが安定感のある演技で、ミドルエイジならではの内面や心理が描かれていて、二人の相性もとても良くて、二人の絶妙な演技に笑ったり共感したり、楽しめました。
サイドストーリーのキム・スルギとクァク・シヤンの可愛いロマンスも微笑ましいです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください