凍える華

イ・ユリ/ソ・ジュニョン/パク・ハナ/ソン・ジョンホ


2016年(KBS)102話
原題:天上の約束(천상의 약속)
演出:チョン・ウソン
脚本:キム・ヨンシン

【主な登場人物】

イ・ユリ イ・ナヨン/ペク・ドヒ シングルマザー/雑誌記者
ソ・ジュニョン カン・テジュン ナヨンの初恋
パク・ハナ チャン・セジン テジュンの妻、ペクドグループ会長の孫
ソン・ジョンホ パク・フィギョン ペクドグループ会長の息子

【あらすじ】

少女の頃、母親を交通事故で失って身寄りが無くなってしまったナヨンは、母の初恋相手だったペクドグループ社長のギョンワンに引き取られ一緒に暮らすが、ナヨンの存在を疎ましく思う妻のユギョンとその娘のセジンは、ナヨンに冷たく当たり、ナヨンを家から追い出し養護施設に送ってしまう。
15年後、ナヨン(イ・ユリ)は、温かい家族に引き取られ、幼なじみのテジュン(ソ・ジュニョン)と愛し合う仲になり、貧しいけれど幸せに暮らしていた。テジュンは、ペクドグループに主席で入社し、会社からアメリカ留学の提案を受ける。その頃ナヨンは、テジュンの子どもを身ごもっていることに気づくが、テジュンが留学を思い留まることがないように、テジュンに妊娠していることをに知らせず留学に送り出す。
4年後、留学から帰ってきたテジュンは、留学先でペクドグループ令嬢のセジン(パク・ハナ)と親しくなり、セジンはテジンの子どもを身ごもっていた。ナヨンが自分の子どもを産んでいたことに驚いたテジュンだったが、野心のためにセジンと結婚することを決意する。
いっぽう、ナヨンにそっくりな雑誌記者ペク・ドヒ(イ・ユリ)は、ペクドグループ会長の息子のパク・フィギョン(ソン・ジョンホ)とお見合いをして付き合い始めていた。ドヒは、セジンとテジュンの結婚について記事にするため探っていた。
その頃、セジンの家に連れていかれたナヨンの幼い娘セビョルは、階段から落ちて意識不明になる。そして、ユギョンに拉致され、逃げ出そうとしたナヨンは、交通事故に遭い記憶喪失に。
ナヨンが双子の姉妹であることを知ったドヒは、ナヨンが入院する病院へ向かい、ドヒとナヨンは初対面を果たす。ドヒはナヨンと入れ替わってナヨンを逃がそうとするが、その時病院で火事が発生し、ナヨンは意識不明になり、ドヒは亡くなってしまう。病院で目覚めたナヨンは記憶を取り戻し、双子の姉ドヒと娘セビョルが亡くなったことを知る。ナヨンはペク・ドヒとして生きることを決意し、復讐を誓う。

【感想】
復讐ものはあまり見ないのですが、イ・ユリ主演のものは、彼女の演技が見たいから見ようって思います。今作でも、最初の純粋な娘ナヨンと、洗練された女性ドヒ、そして、復讐を誓いドヒに扮して生きることにしたナヨン、この1人2役だけれど実際は3キャラを演じ分けていて素晴らしかったです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

4/5 (1)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.