W-君と僕の世界

イ・ジョンソク/ハン・ヒョジュ/イ・テファン/チョン・ユジン/イ・シオン

2016年(MBC)16話
演出:チョン・デユン/パク・スンウ
脚本:ソン・ジェジョン

【主な登場人物】

イ・ジョンソク カン・チョル J&グルーバル代表
ハン・ヒョジュ オ・ヨンジュ ミョンセ病院の研修医
イ・テファン ソ・ドユン チョルのボディーガード
チョン・ユジン ユン・ソヒ チョルの秘書
イ・シオン パク・スボン 漫画『W』の作者の弟子

【あらすじ】
ミョンセ病院の研修医のオ・ヨンジュ(ハン・ヒョジュ)は、人気ウェブ漫画『W』の作者を父に持つ。ある日ヨンジュは、父の作業部屋で開いたパソコンの中に、漫画『W』の主人公のカン・チョル(イ・ジョンソク)が死んでいる絵を見る。次の瞬間、ヨンジュは画面の中に引きずりこまれ、気づくと、目の前にチョルが血まみれで倒れていた。訳が分からないまま応急手当を施したヨンジュだったが、気づくと元の作業部屋に戻っていた。そして画面を見ると、最終回だったはずの『W』は更新されており、なんとチョルを助けるヨンジュの姿が描かれていた。
その日以来ヨンジュは、たびたび『W』の絵に吸い込まれ、漫画の登場人物となり、現実と漫画の世界を行き来するようになる。幼い頃から『W』の主人公チョル(イ・ジョンソク)を理想の恋人として思い描いていたヨンジュは、次第にチョルへの想いを募らせていく。
一方、漫画の世界のチョル(イ・ジョンソク)は、家族を何者かに殺害され、濡れ衣を着せられ、自殺も試みた辛い過去を持ちながらも、今は仕事で成功し、家族を殺した犯人を捜していた。突然現れては突然消え、不可思議な行動ばかりする正体不明のヨンジュが気になり、彼女の正体を探ろうとする。

【感想】
現実の世界の女性と漫画の世界に生きる男性の次元を超えてのファンタジーロマンス。なんと斬新なストーリー!脚本はナイン~9回の時間旅行~の作家さんということ、うなずけます。
この斬新なストーリーの世界に惹き込まれ、前半はハマって見てました。遠い昔、少女漫画の主人公の男性に恋したように、このドラマのヒロインに感情移入しました。現実と漫画の世界に生きる二人の恋の行方は一体どうなるの?というのが気になるところですね。
しかし後半、作者のコントロールがきかなくなり漫画のストーリーが勝手に進んでいくという怖い展開になり、漫画の作者が、自分が作った世界の登場人物に苦しめられると同時に、漫画の主人公も、自分の人生がすべて作り物であることを知って苦しみます。
作家がこの作品を通して何を伝えたかったのかは、私の理解の域を超えていたのか感じ取れませんでした。このドラマは、深いことを考えず、単純に、漫画から飛び出てきたような可愛い二人のロマンスにトキメいて楽しむのが良いのかなと思います。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4.33/5 (3)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.