鬼~トッケビ

コン・ユ/イ・ドンウク/キム・ゴウン/ユ・インナ/ユク・ソンジェ

2016年~2017年(tvN)16話
脚本:キム・ウンスク
演出:イ・ウンボク

【主な登場人物】

コン・ユ キム・シン 高麗の武士→鬼トッケビ
イ・ドンウク 死神 キム・シンの同居人
キム・ゴウン チ・ウンタク 霊が見える女子高生、鬼の新婦
ユ・インナ サニー チキン屋のオーナー
ユク・ソンジェ ユ・ドクファ キム・シン家臣の子孫で財閥御曹司

【あらすじ】

かつては高麗の最強の武士だったキム・シン(コン・ユ)は、王の嫉妬から反逆の罪を着せられて処刑され、呪いによって永遠の命を生きなければならない鬼(トッケビ)となる。呪いを解いてくれるのは、胸に刺さった刀を抜くことができる”鬼の新婦”だけ。
約900年を生きたある日、キム・シンは、事故で死ぬ運命だった妊婦を助ける。その娘ウンタク(キム・ゴウン)が19歳の誕生日を一人で迎えた日、ろうそくの火を消すと、突如目の前にキム・シンが現れる。 キム・シンは自分を呼び寄せることができたウンタクが”鬼の新婦”ではないかと期待する。キム・シンとウンタクは奇妙な同居生活を始める。

【感想】

これまでにはない斬新で不思議なファンタジー感覚のドラマです。ファンタジーなんだけど子供だましな感じではなく、作品の世界にいつのまにか引き込まれていきます。時空を超えた大人のロマンスが描かれていて、感動できる素敵なドラマです。
コン・ユがとてもよかったです!トッケビを演じるのはコン・ユ以外には考えられないほど適役でした。これまでのコン・ユ出演ドラマで一番良かったです。
ヒロインのキム・ゴウンは、チーズ・イン・ザ・トラップ の時は、キャラ設定のせいか、役に合ってないような気がしたんですが、今回は、高校生から大人の女性まで違和感なく演じていて、好感の持てる演技でした。
イ・ドンウクのキャラも面白く、コン・ユとイ・ドンウクのコンビも素敵でした。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください