家族なのにどうして

kazokunanoni

2014年(KBS)72話
演出:チョン・チャングン
脚本:カン・ウンギョン
原題:가족끼리 왜 이래(カジョクッキリ ウェイレ)

【主な登場人物】

キム・ヒョンジュ チャ・ガンシム チャ家の長女、GKグループ秘書室長
キム・サンギョン ムン・テジュ GKグループ常務
ユン・パク チャ・ガンジェ チャ家の長男、胃ガン専門医
パク・ヒョンシク チャ・ダルボン チャ家の次男、就職浪人中
ナム・ジヒョン カン・ソウル 明るく前向きな田舎育ちの少女
ソ・ガンジュン ユン・ウノ レストラン社長、元アイドルスター
ソン・ダムビ クォン・ヒョジン 病院の院長令嬢

【あらすじ】

豆腐店を営む父チャ・スンボンとチャ家の三姉弟。長女ガンシム(キム・ヒョンジュ)は大企業の秘書室室長、長男ガンジェ(ユン・バク)はエリート医師、そして次男のダルボン(パク・ヒョンシク)は就職浪人中でバイト生活を送っている。
そんなある日、12年前にダルボンと結婚の約束をしたという少女ソウル(ナム・ジヒョン)が家にやってきて、ひょんなことから同居することになる。最初は突き放すダルボンだったが、ソウルの純粋さに次第に惹かれ始めていく。そんな時、ダルボンの幼なじみのウノ(ソ・ガンジュン)が現れ、ソウルをめぐるバトルが勃発する。
チャ家の長女で秘書のガンシムと常務のテジュ(キム・サンギョン)、チャ家の長男で医者のガンジェ(ユン・パク)と院長令嬢ヒョジン(ソン・ダムビ)の恋愛模様も展開する。
そして、父親に対して自己中な要望をする三姉弟に父親が憤り、親不孝訴訟を起こす…。

【感想】

韓国で高い視聴率を記録したホームドラマ。家族が抱える問題を、時には辛辣に、時にはユーモラスに描いています。前半では、自己中で親不孝と感じられた息子娘たちですが、後半は父親の病気をめぐって家族が心を寄せ合い、涙なくては見れない展開になります。「ボクらの恋日記」と副題がついてますが、ダルボンとソウルのロマンスについてはちょっと物足りなかったかも…。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4.55/5 (11)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.