スーパーダディ・ヨル

イ・ユリ/ イ・ドンゴン /ソ・ジュニョン/ソ・イェジ

2015年(tvN)16話
演出:ソン・ヒョヌク
脚本:キム・ギョンセ
別タイトル:パパはスーパースター!?

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

イ・ユリ チャ・ミレ 神経外科医、シングルマザー
イ・ドンゴン ハン・ヨル ミレの昔の恋人、プロ野球リハビリコーチ
ソ・ジュニョン シン・ウヒョク ミレの後輩医師
ソ・イェジ ファン・ジヘ スポーツリハビリクリニック医師

【あらすじ】

神経外科医のミレ(イ・ユリ)は、シングルマザーとして9歳になる娘サランを育て上げ、たくましく生きてきた。そんなミレは、ある日意識を失い病院に運ばれ、検査の結果は末期の胆道がん。余命1年と宣告される。今まで夫の必要性など全く感じなかったミレだったが、残される娘のために、完璧な父親を作ろうと決心する。
一方、ミレのかつての恋人ヨル(イ・ドンゴン)は、昔は人気野球選手として活躍していたが、今は故障者リスト入りした選手のリハビリを担当するコーチ。ミレと別れてから、自分を捨てたミレに恨みを持ち、自暴自棄になり、チーム上層部と衝突ばかり起こしていた。
ミレは、ヨルの担当医兼リハビリ教育係として、ヨルと10年ぶりに再会を果たす。サランの本当の父親であるヨルこそ父親として最適だと思ったミレは、ヨルを完璧な父親に仕上げるために同居を始める。しかし、ヨルはサランが自分の子供だとは知らず、二人の思いはすれちがうばかり。果たしてヨルは、完璧な父親になれるのだろうか?

【感想】

闘病ものではあるのですが、全体を通して軽快なタッチで描かれ、コミカルで笑いがいっぱいのドラマです。
娘サランちゃんのミレとヨルに対する思いに泣かされます。娘を中心にして家族の絆が築かれていき、人間として親として成長していく二人。笑いあり涙ありの温かい作品でした。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
評価はまだありません

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.