私の恋愛のすべて

シン・ハギュン/イ・ミンジョン/ハン・チェア/パク・ヒスン/チン・テヒョン

watasinorenainosubete

2013年(SBS)16部
演出:ソン・ジョンヒョン
脚本:クォン・キヨン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

シン・ハギュン キム・スヨン 判事出身で大韓国党の新人議員
イ・ミンジョン ノ・ミニョン 緑の正義党の代表
ハン・チェア アン・ヒソン 新聞社政治部記者
パク・ヒスン ソン・ジュナ ミニョンの政策補佐官
チン・テヒョン キム・サンス スヨンの秘書官

【概要】
元判事のエリートで韓国一の巨大与党の国会議員1年生のキム・スヨン(シン・ハギュン)。一方、所属議員が2人しかいない政党の代表で同じく国会議員1年生のノ・ミニョン(イ・ミンジョン)。大政党 である与党のエリート議員と野党の中の小政党の党首。政治的に対立する2人だが、次第に惹かれ合うようになり、葛藤しながら恋愛する。

【感想】
シン・ハギュンといえば映画で活躍されている実力派俳優ですが、これまで恋愛ものって無かったのではないでしょうか?ヒロインに対してメロメロ、デレデレになるハギュンさんが新鮮でした。一方イ・ミンジョンさんはこのドラマを撮ったのはイ・ビョンホンと結婚したばかりの時。恋と国民の信頼の狭間で悩む役柄は現実とかぶったりもします。
二人の恋愛を応援したくなる、素敵なロマンスストーリーでした。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

評価はまだありません

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします