ドクター異邦人

イ・ジョンソク/パク・ヘジン/チン・セヨン/カン・ソラ

doctorihoujin

2014年(SBS)20話
演出:チン・ヒョク
脚本:パク・ジヌ

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

イ・ジョンソク パク・フン 天才胸部外科医
パク・ヘジン ハン・ジェジュン ミョンウ大学病院胸部外科新任科長
チン・セヨン ソン・ジェヒ/ハン・スンヒ 麻酔医
カン・ソラ オ・スヒョン 胸部外科医

【概要】
1994年、韓国と北朝鮮の間に戦争勃発の危機が起こる中、心臓病を患う金日成の治療を行うために、韓国を代表する胸部外科の名医パク・チョルは幼い息子フンを連れて北朝鮮に入国する。十数年が経ち、フン(イ・ジョンソク)は父の才能を継ぎ天才医師に成長していた。フンはソン・ジェヒ(チン・セヨン)という愛する女性と二人で脱北を計画するが、二人は離れ離れになり、フンだけが韓国に帰国することになる。
ジェヒを助け出すために大金が必要なため、ミョンウ大学病院の医師となったフンは、そこで、ハン・スンヒ(チン・セヨン)というジェヒに瓜二つの麻酔医と出会う。はたして彼女の正体は…?

【感想】
初盤、フンがジェヒと愛し合い、離れ離れになり、ジェヒとそっくりな女性が現れ、この女性はジェヒなのか何者なのか?というあたりまでは、謎に包まれていて引き込まれて見ていたんですが、中盤あたりから(ネタバレになっちゃいますが、ジェヒがスパイだとわかったあたりから)、私的にはどうも納得のいかないことばかりで、感情面でも、ジェヒの思いが理解できず感情移入できないし、医療面でも、手術対決というものが私には受け入れられず、全く気持ちが乗れないまま最後まで見ました。医療、サスペンス、ロマンスといろんな要素が絡み合うドラマですが、そのどれもが中途半端だったように思います。結構前評判が良く、期待して見始めただけに残念でした。
主演のイ・ジョンヒョクは私が注目している俳優ですが、彼の演技がとても良かったです。見て良かったと思う点はそれだけ。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

3/5 (1)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.