ずる賢いバツイチ女

イ・ミンジョン/チュ・サンウク/キム・ギュリ/ソ・ガンジュン/エル

zurugasikoi

2014年(MBC)16話
韓国語タイトル:앙큼한 돌싱녀
演出:コ・ドンソン/チョン・デユン
脚本:チェ・スヨン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

イ・ミンジョン ナ・エラ ブランドショップの契約職員→D&T社員
チュ・サンウク チャ・ジョンウ D&T代表
キム・ギュリ クク・ヨジン D&T理事
ソ・ガンジュン クク・スンヒョン ヨジンの弟でD&T社員
エル キル・ヨハン ジョンウの秘書

【概要】
離婚してから大金持ちになった元夫と、元夫に近づきもう一度恋を始めようとする元妻がラブバトルを繰り広げるラブコメディ。

小さな食堂の娘、エラ(イ・ミンジョン)は、食堂に通うソウル大生ジョンウ(イ・サンウク)と恋愛し、結婚する。ジョンウはベンチャー企業を立ち上げるがうまくいかず、エラはジョンウの借金を返済するために身を粉にして朝から晩まで働きずめで疲れ果てて体も壊し、離婚を言い渡す。
離婚して3年、エラはバツイチ生活を送っていたが、元夫ジョンウは、なんと、大きなソフトベンチャーズ企業の社長になっていた。二人は再会するが、ジョンウはエラに対して心ない態度をとる。エラは激怒してジョンウへの復讐を決意し、ジョンウの会社にインターンとして入社する。

【感想】
最初から最後まで楽しく見れるドラマでした。
最初はボサボサ頭のイケてない大学生で登場するチュ・サンウクが、3年後には洗練された実業家に変身。妻に捨てられ心の傷を負い、最初はクールに振る舞っていますが、徐々にエラに対する未練が見え始めていきます。二人が復縁にたどり着くまで、笑いあり涙ありで楽しめます。
チュ・サンウクと言えば、これまでニヒルだったり紳士的なイメージがありましたが、イケてないダサ男もはまっていて、コミカルな演技もお上手で、演技者としての幅を感じました。イ・ミンジョンも、コミカルな演技がキュートでした。やっぱり、イケメンだったり綺麗だったりだけでなく、コメディも見事に演じられてこそ良い俳優なのではないかなと、二人の好演を見て思うようなりました。
エラに片想いする同僚役のソ・ガンジュン、社長秘書役のINFINITEのエル君にも注目です。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

2.57/5 (7)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.