ライバル

キム・ジェウォン/ソ・ユジン/キム・ミンジョン(女性)/キム・ジュヒョク

raibaru

2002年(SBS)20話
脚本 チン・スワン
演出 イ・チャンワン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

キム・ジェウォン カン・ウヒョク チンピラ
ソ・ユジン チョン・ダイン プロゴルファーを目指す
キム・ミンジョン チョン・チェヨン ダインの異母妹でプロゴルファー
キム・ジュヒョク ミン・テフン ゴルフウェアブランド会社の御曹司

【概要】
女子高生のダイン(ソ・ユジン)は、貧しいながらもプロゴルファーになるのを夢見ていた。チンピラのウヒョク(キム・ジェウォン)は、借金の取り立てのためダインに近づくが、「ゴルフで借金を返す」という堂々とした態度のダインに惹かれ、見守っていくようになる。
ゴルフウェアブランド会社の御曹司テフン(キム・ジュヒョク)も、ゴルフ場でダインと知り合い、ダインに惹かれるようになる。別のゴルフウェアブランド会社の社長の娘であるゴルファーのチェヨン(キム・ミンジョン)は、テフンを好きだったが、テフンはチェヨンを妹のようにしか思っていない。
チェヨンはダインのことを、自分の環境を脅かす邪魔者と憎み、ダインに次々と意地悪をしながら両親の前では優しい娘を演じていた。ダインとチェヨン、全く違うタイプの二人の女性がゴルファーのライバルとして、恋のライバルとして、生きる様子が描かれている。

【感想】
最初は、チェヨンを演じるキム・ミンジョンの意地悪女ぶりに、いい気持ちがしなかったのですが、回が進むにつれて、今度はどういう手でくるか?と楽しめるようになっていきました(笑)あれほどの意地悪女の演技をするのはかなり大変なことだと感心してしまうほどです。
ウヒョクを演じるキム・ジェウォンの演技もとてもよかったです。ダインに対する愛し方に泣けます。
ダインのテヒョンに対する思いと、ウヒョクに対する思い・・・最後にはどちらの愛を選ぶのか?

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

このドラマのあなたの評価を★の数(5段階)でお願いします