魔王

チュ・ジフン/ オム・テウン/シン・ミナ

maou

2007年(KBS)20話
脚本 キム・ジウ
演出 パク・チャンホン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

チュ・ジフン オ・スンハ 弁護士
オム・テウン カン・オス 刑事
シン・ミナ ソ・ヘイン 図書館司書、サイコメトラー

【概要】
「復活」の監督、脚本家が手がけた、 サイコメトリーを取り入れ人間の本質に迫るミステリードラマ。
人間的で正義感の強い刑事カン・オス(オム・テウン)の元に届いた、差出人不明の1枚のタロットカード。その晩、大物弁護士が殺され、現場に同じカードが残されていた。捜査を進めるうち、オスは2人の人物と出会う。
1人は謎めいた若き弁護士オ・スンハ(チュ・ジフン)。 もう1人はタロットカードの製作者の女性ヘイン(シン・ミナ)。彼女は、触れた人や物にまつわる記憶が見える“サイコメトラー”だった。
オス、スンハ、ヘイン…事件に関わる3人はやがて12年前のとある殺人事件へと導かれていく。

【感想】
毎回見どころがあって、ぐいぐい引き込まれる見事なストーリー展開!
一気に見ずにはいられませんでした。
人間的な刑事を演じるオム・テウン、
本心を隠して冷徹に振舞う弁護士を演じるチュ・ジフン、
純粋無垢でありながら二人の男性を暖かく包む女性を演じるシン・ミナ。
3人の演技力も素晴らしい!
監督、脚本家、3人の主要俳優さんに拍手です!

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
5/5 (1)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします