ナイン~9回の時間旅行~

イ・ジヌク/チョ・ユニ/チョン・ノミン/イ・スンジュン/パク・ヒョンシク/オム・ヒョソプ

nain

2013年(tvN)20話
演出:キム・ビョンス
脚本:ソン・ジェジョン/キム・ユンジュ

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

イ・ジヌク パク・ソヌ CBM報道局ベテランアナウンサー
パク・ヒョンシク パク・ソヌ 18歳のソヌ
チョ・ユニ チュ・ミニョン ソヌの後輩記者
チョン・ノミン パク・ジョンウ ソヌの兄
イ・スンジュン ハン・ヨンフン ソヌの友人、神経外科医
オム・ヒョソプ オ・チョルミン ソヌの上司

【概要】

同じくtvNで2012年に大ヒットしたタイムスリップ・ラブストーリー「イニョン王妃の男」のスタッフが3年以上構想を練り、仕上げた完璧なストーリーと、ネパールでの海外ロケなどケーブルドラマ史でも稀にみる59億ウォンもの制作費を投入した作品として、放送前からドラマファンの注目を集めていたが、放送が始まると「期待以上!『イニョン王妃の男』を超えた!」と中毒者が続出!(公式サイトより)

パク・ソヌ(イ・ジヌク)は38歳のテレビ局のニュースキャスター。脳腫瘍で余命宣告を受けたソヌは、ネパールで取材中の後輩記者チュ・ミニョン(チョ・ユニ)のところを訪れ、6ヶ月だけ結婚しようとプロポーズする。
ソヌがネパールを訪れたのは、行方不明だった兄が山で遭難した知らせを受けて遺体を確認するためでもあった。兄が死ぬ時に握りしめていた一本のお香。ソヌは、兄の遺留品の中にあったそのお香を焚いてみると、突然20年前の光景が現れ…。お香を焚いている30分の間だけ、ちょうど20年前の過去に戻ることができる不思議なお香であることを知ったソヌは、兄のメモを頼りに9本のお香を手に入れる。そして、家族が幸せな人生を送ることができればという思いで、お香を使って20年前に戻り、父親の死の真相解明や、兄が叶えられなかった恋愛の手助けを試みるが、現在に戻ってみると、過去が変わったことによって現在の状況が変わっていて、それはソヌにとっても兄にとっても幸せなものではなかった。現在を幸せな状況にするべく、次々とお香を使っては過去に戻るが、その度に現在に思いもよらない変化が起こり…。

【感想】
ほんとにほんとに面白かったです!!かなりはまりました!韓国ドラマなんていう枠をはるかに超えたすごいドラマです!Mnetで週1回の放送だったんですが、次の展開が気になって1週間なんて待ってられない!途中からは貯めておいて一気に見ました。
このドラマは一気見がおすすめです。そして少しも抜かすことなく最初から最後まで集中して見ていただきたいです。というよりも、見始めたら引き込まれて集中して見ざるを得ない状態になると思いますが…。1993年と2013年を行ったり来たり、その度に状況が変わる過去と現在が同時進行するので、ぼんやり見ているとわけがわからなくなります(笑)
お香というタイムマシンで20年前に戻る…誰しもが一度くらいは、あの時こうしていれば人生が変わっていたかもしれない…過去に戻ってやり直しができれば…と思ったことがあるのではないでしょうか。私も、そんなタイムマシンがあれば過去に戻ってみたいものだと、最初のほうでは頭をかすめましたが、終盤まで見進めるうちに、やはり人生はやり直しがきかない、一度きりのもの、それが人生なのだと悟ることになります。
このドラマの最終話、結末から時間が6年前に戻り、1年ごとに進んでいくという面白い時間の流れになっています。結末がわかりながらのラブコメ。切なさに涙しながらも二人の可愛いラブシーンに笑えるという、これも今までにない新しい感覚でした。そして最終話のラストまで見終わると、時間的には第1話の冒頭に戻ることになるんですね。続きが見たくて、続けて第1話を再度見てしまいました。この二人の過去と未来がわかって見るので、最初に見た時とは全く違った見かたができます。
あ、それから、最終話ラストのエンドロールの映像もお見逃しなく!これはどういうことなのか?と視聴者に考えさせるラストシーンになっています。
このドラマは、単に、面白かった、見終わっておしまい、というドラマではないです。見終わった人一人一人が何かを感じ、何かを考えるきっかけになるドラマだと思います。
かなりおすすめ度高いです。私的には、2013年のドラマでベスト1間違いなし!

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

4.13/5 (8)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.