弁護士たち

キム・ソンス/キム・サンギョン/チョン・へヨン/ハン・ゴウン

bengoshitachi

2005年(MBC)16話
脚本 チョン・ソンジュ
演出 イ・テゴン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

キム・ソンス ユン・ソッキ 弁護士
キム・サンギョン ソ・ジョンホ 弁護士
チョン・へヨン キム・ジュヒ ジョンホの秘書、ソッキの元恋人
ハン・ゴウン ヤン・ハヨン 弁護士秘書、ジュヒの友人

【概要】
司法試験を控えたソッキ(キム・ソンス)と将来を誓ったジュヒ(チョン・ヘヨン)だったが、ある日、突然の事故で両親を亡くし、婚約者のソッキに冷たく別れを告げられ、ジュヒは多額の借金を抱え、妹は事故で不自由な体になってしまう。絶望に突き落とされた彼女だったが、妹の手術日を稼ぐため、法律事務所で弁護士ジョンホ(キム・サンギョン)の秘書として働くことになる。
5年の歳月が過ぎ、平穏な毎日をおくっていたジュヒだったが、ソッキが彼女の勤める法律事務所にアメリカから弁護士となって派遣される。

【感想】
オトナの雰囲気の二人の男の対立、そして最後には・・・
秘めた愛、静かな愛・・・サスペンスタッチのストーリー展開。
バックに流れる音楽がストーリーを盛り上げます。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
評価はまだありません

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします