トンイ

ハン・ヒョジュ/チ・ジニ/イ・ソヨン/ペ・スビン/チョン・ジニョン/パク・ハソン/オ・ヨンソ/キム・ユソク/キム・ヘソン/チョン・ユミ

toni

2010年(MBC)60話
演出:イ・ビョンフン/キム・サンヒョプ
脚本:キム・イヨン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

ハン・ヒョジュ トンイ(スクビン) 肅宗の側室、英祖の母
チ・ジニ スクチョン 第19代 国王、粛宗
イ・ソヨン ヒビン(オクチョン) 粛宗の王妃、景宗の母
ペ・スビン チャ・チョンス コムゲの首長、トンイの兄のような存在
チョン・ジニョン ソ・ヨンギ 捕盗庁の従事官
パク・ハソン イニョン王后 粛宗の継室
オ・ヨンソ インウォン王后 粛宗の継室
キム・ユソク チャン・ヒジェ ヒビンの兄
キム・ヘソン チョン尚宮 監察尚宮
チョン・ユミ ジョンイム 監察府の女官

【概要】
身分差別の激しい朝鮮王朝時代、最下層の身分ながらも、強くまっすぐに生きる少女トンイが、第19代王、粛宗と愛をはぐくみ、後の第21代王、英祖の母となるまでを描いた感動巨編。

朝鮮の第19代国王、粛宗(スクチョン)の時代、最下層の身分、賎民の少女トンイは、父と兄が逆賊の汚名を着せられた上に殺害され、天涯孤独になる。役人に追われる身となったトンイは、宮廷の下働きとなって素性を隠す。宮廷内では、チャン・ヒビンことオクチョンが強大な権力をふるっていたが、スクチョンの母はそれを苦々しく思っていた。そんな中、オクチョンを陥れようとする陰謀が企てられ、トンイもその巻き添えになってしまう。だが、自らの力で窮地を脱し、オクチョンの嫌疑を晴らしたことで、トンイは監察府の宮女に登用される。
オクチョンは世子を出産すると、世継ぎに恵まれないイニョン王妃を排斥し、さらには朝鮮の国家機密を清に売り渡そうとしてまで、自らの権勢を維持しようとする。トンイはそれを未然に防ぎ、イニョン王妃の復位に尽力する。トンイは、スクチョンの後宮に迎え入れられることになるが、賎民の出身であるがために、さまざまな障壁が目の前に立ちふさがる。

【感想】
面白かったです。韓国の歴史がどんどん好きになります。
何よりも、トンイの生き方に感銘を受けます。正義感が強く、聡明で、勇敢でありながら可愛さも持ち合わせた女性、トンイ。クムを生んで母親になってからは、ますます堂々として凛とした姿を見せてくれ、教えられることが多々ありました。王様との関係も微笑ましく、とても好感が持てました。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

このドラマのあなたの評価を★の数(5段階)でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください