ピアノ

キム・ハヌル/コ・ス/チョ・インソン/チョ・ジェヒョン

piano

2001年(SBS)16話
脚本:キム・ギュワン
演出:オ・ジョンノク

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

キム・ハヌル イ・スア ヘリムの娘
コ・ス ハン・ジェス オッカンの息子、正義感が強く聡明なしっかり者
チョ・インソン イ・ギョンホ ヘリムの息子でスアの弟、反抗的な青年
チョ・ジェヒョン ハン・オッカン 元ヤクザ、パン屋で働く
チョ・ミンス シン・ヘリム オッカンの妻、ピアノ教師

【概要】
ヤクザのオッカン(チョ・ジェヒョン)は、昔の女との間の息子ジェスとその日暮らしをしていたが、ひょんなきっかけから美しい未亡人ヘリムと出会い、結婚するはこびとなり、娘ジュヒをもうける。
オッカンは真面目になり、パン屋で働くようになるが、ヘリムが海で事故に遭い、亡くなってしまう。ヘリムの連れ子スアとギョンホは、オッカンのせいで母が亡くなったと思い、彼への憎しみを募らせる。
数年の年月が経つ。優しい青年に成長したジェス(コス)だが、義兄のギョンホ(チョ・インソン)は相変わらずジェスを憎み、義姉のスア(キム・ハヌル)もジェスに冷たく接していた。しかし・・・。

【感想】
導入部の何話かはヤクザの話が多くて苦手なタイプかな?と思いましたが、
子ども達が成長してからのストーリーからは面白くなっていき、ぐいぐい引き込まれていきました。
チョ・インソンがあまりにも憎らしいキャラを見事に演じていると思います。
切ない愛を好演するコスに、いっぱい泣かされました。
時がたっても心に残っているドラマです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4.5/5 (4)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします