春のワルツ

ハン・ヒョジュ / イ・ソヨン / ソ・ドヨン / ダニエル・ヘニー

harunowarutu

2006年(KBS)20話
脚本 キム・ジヨン/ファン・ダウン
監督 ユン・ソクホ

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

ハン・ヒョジュ パク・ウニョン アクセサリーデザイナーに憧れる女の子
イ・ソヨン ソン・イナ レコード会社企画室長
ソ・ドヨン ユン・チェハ/イ・スホ ピアニスト
ダニエル・ヘニー フィリップ・ローゼンタール チェハのマネージャー

【概要】
美しい自然を背景に、純粋な愛を描くユン・ソクホ監督「四季シリーズ」完結編。
オーストリア旅行に出かけたウニョン(ハン・ヒョジュ)は、天才ピアニストのチェハ(ソ・ドヨン)と彼の友人でマネージャーのフィリップ(ダニエル・へニー)と出会う。チェハは、ウニョンに、幼い頃一緒に過ごした少女の面影を見出し、ウニョンもチェハの存在が気になっていく。
チェハは、幼い頃父親に連れられて故郷の島でウニョンという少女と兄妹のように過ごしたが、父親が失踪し、ウニョンの手術代を稼ぐために裕福な家の子どもになり変わった秘密の過去を持っていた。そして、ウニョンは手術が成功せず亡くなったと聞かされていた。
15年前からチェハに想いを寄せるイナ(イ・ソヨン)。ウニョンに想いを寄せるフィリップ。4人の男女の心情が絡みあう。

【感想】
回想シーンの美しくのどかな風景、幼い二人のストーリーに癒されます。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
2.33/5 (3)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします