夏の香り

ソン・スンホン / ソン・イェジン / リュ・ジン / ハン・ジヘ

natunokaori

2003年(KBS)20話
脚本 ユン・ウンギョン
監督 ユン・ソクホ

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

ソン・スンホン ユ・ミヌ アートディレクター
ソン・イェジン シム・ヘウォン フローリスト、心臓病
リュ・ジン パク・ジョンジェ ヘウォンの幼なじみ
ハン・ジヘ パク・ジョンア チョンジェの妹、ミヌに片想い

【概要】
ユン・ソクホ監督が「秋の童話」「冬のソナタ」に続いて手がけた、四季シリーズ第3作目。

生まれつき心臓が弱かったヘウォン(ソン・イェジン)は、心臓移植手術を受け、元気になり、フローリストとして活き活きと働いていた。
ある日山に花の撮影に出かけたへウォンは、ミヌ(ソン・スンホン)という青年と出会う。ミヌは、初恋の人ウネを失った心の傷が癒えないまま、ウネと一緒に来た山に再び一人で登っていたのだった。
ヘウォンにはチョンジェ(リュ・ジン)という恋人がいたが、ミヌと出会って心臓が突然激しい鼓動を上げて高鳴り始め、山での出会いからミヌのことをなぜか忘れられないでいた。
ある日、ウネの父親を訪れたミヌ、そして自分に心臓を提供してくれたドナーの家族を訪れたへウォン、二人は、美しい緑の茶畑の中で再会する・・・。

【感想】
静かに時間が流れる、風景もストーリーもとてもきれいなドラマです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

2/5 (2)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします