天国の階段

クォン・サンウ/チェ・ジウ/シン・ヒョンジュン/キム・テヒ/イワン/パク・シネ

tengokunokaidan

2003年(SBS)22話
脚本 パク・ヘギョン
演出 イ・ジャンス

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

クォン・サンウ チャ・ソンジュ グローバルグループ御曹司
チェ・ジウ ハン・チョンソ(キム・ジス) ソンジュの恋人、デザイナー
シン・ヒョンジュン ハン・テファ(ハン・チョルス) チョンソの義兄
キム・テヒ ハン・ユリ チョンソの義妹
イ・ワン テファの少年時代
パク・シネ チョンソの少女時代

【概要】
幼なじみのソンジュ(クォン・サンウ)とチョンソ(チェ・ジウ)は、深い愛情で結ばれていた。
チョンソは、後妻として来た義母ミラとその娘ユリの陰湿なイジメにあい、ソンジュと一緒に行くはずだった留学の道も絶たれる。そんなチョンソに義兄のテファ(シン・ヒョンジュン)は、兄妹以上の感情を抱くようになる。義妹のユリは財閥の御曹司のソンジュとの結婚を熱望し、留学から帰国したソンジュを迎えに行くチョンソを阻止しようとし、チョンソを車で轢いてしまう。
事件から5年の歳月が流れる。 チョンソは記憶を失い、キム・ジスという名前で、チョルスと名を変えた義兄のテファと別の人生を歩んでいた。5年間チョンソが死んだとはどうしても認められずにチョンソを捜し続けるソンジュは、ある日チョンソにそっくりなジスと出会う・・・。

【感想】
韓国ドラマの代表作として、冬ソナの次にあげられるドラマでしょうか。
イジメ、交通事故、記憶喪失、失明・・・
ドラマティックな展開は、まさに韓国ドラマの王道。
どっぷりとドラマの世界にはまって、見終わった後しばらく抜け出せませんでした。
クォン・サンウの涙の演技が心に残ります。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

4/5 (3)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします