シンイ -信義-

イ・ミンホ/キム・ヒソン/イ・フィリップ/リュ・ドックァン/パク・セヨン

sini

2012年(SBS)24話
演出:キム・ジョンハク
脚本:ソン・ジナ

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

イ・ミンホ チェ・ヨン 近衛隊の隊長
キム・ヒソン ユ・ウンス 整形外科医。高麗の時代に連れてこられる
イ・フィリップ チャン・ビン 宮廷の侍医
リュ・ドックァン 恭愍(コンミン)王 高麗の王
パク・セヨン 魯国(ノグク)公主 恭愍王の妃

【概要】
高麗の王、恭愍(コンミン)王一行が、チェ・ヨン(イ・ミンホ)率いる近衛隊に護衛され元から帰国する途中、刺客に襲われ王妃(パク・セヨン)が負傷する。神医でなければ王妃を救えないと聞かされたチェ・ヨンは、神医を求めて天界に通じる天の穴に入り込み、2012年のソウルに辿り着く。そこで、整形外科医のユ・ウンス(キム・ヒソン)に出会い、強引に高麗に連れて来る。訳もわからぬまま王妃の手術をしたウンスはもとの世界へと帰ろうとするが、王命により引き留められ、天の穴も塞がってしまう。そして、言い争ううちにウンスが握った剣でヨンを刺してしまいヨンは重傷を負う。帰れなくなりこの世界に留まったウンスは、自分が持ってきたものではないさびついた現代の医療具や自分自身が書いたと思われる手紙を目にすることになる。

【感想】
中盤ストーリーが進まず飽きる部分もありましたが、最後まで見れてよかったです。ラストがとても良かったので。終わりの良さで、途中の不平不満は帳消しになってしまったパターン(笑)
なんと言ってもイ・ミンホがかっこいい!現代劇よりも時代劇のほうが尚イケメン度が上がります。顔立ちの良さは韓国俳優でナンバーワンではないでしょうか。そんなミノくんとお久しぶりのキム・ヒソン。年齢的にもミノくんとは合わないし、恋のお相手としてはどうなんだろう?と最初思いましたが、見進めるうちに違和感がなくなっていきました。
王様を演じるリュ・ドックァンは「神のクイズ」で素敵なキャラを演じてくれましたが、王様もなかなかよかったです。恭愍王は歴史的に有名な王様のようなので、歴史を知っていればそちらの面でも楽しめるかもしれませんね。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4.33/5 (3)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.