王女の男

パク・シフ/ムン・チェウォン/ホン・スヒョン/ソン・ジョンホ/イ・ミヌ

2011年(KBS)24話
演出:キム・ジョンミン
脚本:チョ・ジョンジュ

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

パク・シフ キム・スンユ 王女の教育係
ムン・チェウォン イ・セリョン 首陽大君の長女
ホン・スヒョン ギョンヘ王女 イ・セリョンの従姉
ソン・ジョンホ シン・ミョン キム・スンユのライバル
イ・ミヌ チョン・ジョン キム・スンユの友人

【概要】
朝鮮王朝で起きたクーデター事件を背景に、宿敵となった男女の切ない愛を描いたラブロマンス。
朝廷の重臣の息子キム・スンユ(パク・シフ)は、王座を狙うスヤンテグンの娘セリョン(ムン・チェウォン)と、親同士が政敵であると知らずに恋に落ち、静かに愛を育む。しかし、スヤンテグンが起こしたクーデターによって、スンユは家族を惨殺され、スヤンテグンに復讐しようとする。セリョンはスンユを親の政敵の息子と知り、父親に逆らってスンユへの愛を貫こうとする。

【感想】
セリョンの切ない想いに、そしてスンユの親友とキョンヘ王女との愛に、生きざまに感動し、いっぱい涙しました。
ラストもとてもよかったです。
音楽も素晴らしく、ドラマを盛り上げました。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
3.29/5 (7)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.