屋根部屋の皇太子

2012年(SBS)20話
原題:옥탑방 왕세자(オクタッパンワンセジャ)
演出:シン・ユンソプ
脚本:イ・ヒミョン

【主な登場人物】

パク・ユチョン ヨン・テヨン/イ・ガク ホーム&ショッピング後継者/(朝鮮時代)世子
ハン・ジミン パク・ハ/プヨン 市場の商人/ (朝鮮時代)世子妃の妹
イ・テソン ヨン・テム ホーム&ショッピング部長、テヨンの従兄
チョン・ユミ ホン・セナ/ファヨン ホーム&ショッピング会長秘書/(朝鮮時代)世子妃
イ・ミノ ソン・マンボ イ・ガクの教育担当
チェ・ウシク ト・チサン イ・ガクに仕える内侍
チョン・ソグォン ウ・ヨンスル イ・ガクの護衛武士

【概要】
朝鮮時代の王世子イ・ガク(ユチョン)が愛する世子嬪を亡くし、殺害されたことを確信し事件を暴こうとするうち、3人の臣下とともに300年の時を超えた21世紀のソウルにタイムスリップ。パク・ハ(ハン・ジミン)の住む屋根裏部屋に居候することになり、21世紀の文明に戸惑いながら暮らす皇太子だったが、世子嬪の生まれ変わりと思われるセナ(チョン・ユミ)と出会う。セナはテム(イ・テヨン)の恋人だったが、二人で会社とお金を奪い取ろうと企んでいた。

【感想】
面白かったです!!ユチョンの演技に笑えます。
終盤は泣けます。ラストが感動的でとても良かったです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4.5/5 (8)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.