童顔美女

チャン・ナラ/チェ・ダニエル/リュ・ジン/キム・ミンソ

2011年(KBS)20話
演出:イ・ジンソ/イ・ソヨン
脚本:オ・ソニョン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

チャン・ナラ …イ・ソヨン …最強童顔の持ち主、アパレル会社で働く
チェ・ダニエル …チェ・ジヌク …アパレル会社のマーチャンダイザー
リュ・ジン …チ・スンイル …アパレル会社の社長
キム・ミンソ …カン・ユンソ …アパレル会社のデザインチーム長

【概要】
34歳のソヨン(チャン・ナラ)は、年齢を理由に長年勤めた会社から突然リストラされる。デザイナーになる夢を持ち続けるソヨンだが、34歳という年齢ではどこにも採用してもらえない。ソヨンは、妹のソジンの代わりとなり25歳と年齢を偽ってアパレル会社でデザイナーとして働くことになる。その会社には、大騒動に巻き込んでしまった男ジヌク(チェ・ダニエル)が働いていた。最初は互いに腹を立てあう相手だったが、だんだんと気になる存在になっていく。冷徹な社長スンイル(リュ・ジン)は、ソヨンのデザイナーとしての才能に気付き、彼女が気になり始める。スンイルを長年思い続けてきた理事長の娘ユンソは、ソヨンにライバル心を燃やす。

【感想】
明るく楽しくドタバタ系。気軽に見れるドラマです。
チャン・ナラはチャーミングだし、相手役のチェ・ダニエルとの恋が可愛くて好感が持てました。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
5/5 (2)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.