ラブレイン

4

2012年(KBS)20話
演出:ユン・ソクホ
脚本:オ・スヨン

主な登場人物・キャスト

チャン・グンソク (70年代)ソ・イナ
(2012年)ソ・ジュン
美術学科学生
写真家、イナの息子
ユナ (70年代)キム・ユニ
(2012年)チョン・ハナ
家庭学科学生
ガーデナー、ユニの娘
キム・シフ (70年代)イ・ドンウク
(2012年)イ・ソノ
医学科学生
医師、ドンウクの息子
ソ・イングク (70年代)キム・チャンモ
(2012年)キム・ジョンソル
法学科学生
歌手、キム・チャンモの甥
ソン・ウンソ (70年代)ペク・ヘジョン 家庭学科学生
ファン・ボラ (70年代)ファン・インスク 家庭学科学生
キム・ヨングァン (2012年)ハン・テソン ガーデナー、 ハナの先輩
パク・セヨン (2012年)イ・ミホ ファッションモデル、ソノの妹
チョン・ジニョン (2012年)ソ・イナ 美大教授、 ジュンの父
イ・ミスク (2012年)キム・ユニ 樹木治療師、ハナの母

全体のあらすじ

日本で人気のチャン・グンソクとユナ(少女時代)が、70年代と現代の一人二役を演じている。
「冬のソナタ」など四季シリーズを生み出した韓国ドラマのヒットメーカー、ユン・ソクホ監督の作品。

70年代のソウル。美術学科の学生ソ・イナ(チャン・グンソク)は、同じ大学の家政学科に通うキム・ユニ(ユナ)に恋をする。お互いに意識し合う二人だったが、イナの友人ドンウク(キム・シフ)もユニを恋をしていて、イナは身を引こうとする。強い想いを断ち切れず二人は愛を育み始めるが、様々な壁がイナとユニの前に立ちふさがり、お互いへの思いを胸に抱きながら、別れることになってしまう。

そして、2012年の現代。イナ(チョン・ジニョン)は美術の教授に、ユニ(イ・ミスク)は樹木医として働き、それぞれに息子と娘が存在していた。イナの息子ジュン(チャン・グンソク)と、ユニの娘ハナ(ユナ)は、北海道で偶然に出会う。最初は反発しあうが、互いの素性を知らないまま、だんだんと惹かれあっていく。そして、二人の親どうしであるイナとユニも、30年ぶりの再会を果たす。

予告編

韓国ドラマ「ラブレイン」予告編

感想

70年代のグンちゃんとユナちゃんの感情を抑えた演技が好きです。グンちゃんが役者としての実力を見せてくれてます。

ユン・ソクホ監督ならではの素晴らしい映像美。そして、きれいでゆっくりとした言葉づかい。全編とおして、じっくりと味わいたい作品です。

「とにかく見て下さい」「これは見たほうがいいですよ」とおすすめしたい作品です。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

皆さんの評価

3.91/5 (11)

あなたの評価を5段階でお願いします