私の心が聞こえる?

キム・ジェウォン/ファン・ジョンウム/ナム・グンミン/コ・ジュニ/イ・ギュハン/チョン・ボソク

2011年(MBC)30話
演出:キム・サンホ
脚本:ムン・ヒジョン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

キム・ジェウォン チャ・ドンジュ ウギョングループ会長の孫、聴覚障害
ファン・ジョンウム ボン・ウリ 聴覚障害と知的障害の両親を持つ女の子
ナム・グンミン ボン・マル=チャン・ジュナ ウリの兄、 医師、ドンジュを支える
コ・ジュニ カン・ミンス ドンジュとジュナのアメリカ時代の友人
イ・ギュハン イ・スンチョル ウリの幼なじみで家族ぐるみの付き合い
チョン・ボソク ポン・ヨンギュ マルの義父、知的障害

【概要】
明るくいつも元気な少女ウリ。聴覚障害をもつ母ミスクと、近所に住む知的障害をもち、やさしい心をもつヨンギュとの結婚が決まり、ウリは喜ぶ。ウリは、ヨンギュの息子である秀才の中学生マル兄さんのことが大好きだ。マルは実はヨンギュの妹の子供なのだが、ヨンギュの息子として育てられていた。マルはは障害をもつ父親と貧しい家庭を疎ましく思っていた。自分がいる場所はここではないと…。そんなある日、ウギョン財閥の孫ドンジュが両親と共にマルの学校にやってきて、ウリとドンジュは出会い、仲良くなる。
しかし、そんな時、悲劇が起こる。ウギョン財閥の社長の座を狙うドンジュの父が、会長を密かに殺害。たまたまその現場を目撃してしまったドンジュは2階から転落して、頭を打ち、耳が聞こえなくなってしまう。さらに同じ時、ウギョンの工場で火事が起こり、工場で働いていたウリの母ミスクは亡くなってしまう。マルは、ウギョン財閥の娘でドンジュの母の元に助けを求めに行くが、マルの出生の秘密を知るドンジュの母は、ある企みのため、マルに自分の息子になるように言う。マルは貧しい家を離れ、ドンジュの兄のような存在として暮らすようになる。
15年の年月が経ち、ドンジュ(キム・ジェウォン)はアメリカで読唇術を身につけ、また、マルはジュナ(ナム・グンミン)と名乗り、医師となって韓国に帰ってくる。ウリ(ファン・ジョンウム)と義父ヨンギュは、火事の日から行方不明になってしまったマルを探し続けていた。

【感想】
笑えて泣けて感動させられる、素敵なドラマです。貧しいながらも暖かい家庭。血は繋がっていなくてもお互いに支え合って暮らす家族。家庭とは?家族とは?ということを今一度考えさせられます。「毎日一緒にご飯を食べるのが家族なんだよ」というウリの言葉が心に残ります。
ドンジュとジュナの、深いところで結ばれていながら対立する様子、ジュナのウリや家族への想い、祖母のマルへの想い。ストーリーの中に感動ポイントがいっぱいちりばめられています。
ドンジュを演じるキム・ジェウォン、ジュナを演じるナム・グンミン、この二人、好きな俳優なんですが、二人の息が合っていて演技がとても良かったです。ウリを演じるファン・ジョンウムも、他の出演作とはずいぶん違った印象で、素朴な女の子を好演していました。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

このドラマのあなたの評価を★の数(5段階)でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください