個人の趣向

イ・ミンホ/ソン・イェジン/キム・ジソク/ワン・ジヘ/イム・スロン/チョ・ウンジ

2010年(MBC)16話
韓国タイトル:개인의 취향
演出:ソン・ヒョンソク/ノ・ジョンチャン
脚本:イ・セイン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

イ・ミンホ チョン・ジノ 建築設計士、建築設計事務所所長
ソン・イェジン パク・ケイン 家具デザイナー
キム・ジソク ハン・チャンニョル ケインの元恋人、建設会社室長
ワン・ジヘ キム・イニ ケインの友人、美術館キュレーター
チョ・ウンジ イ・ヨンソン ケインの友人、ファッションデザイナー
イム・スロン キム・テフン 建築事務所スタッフ

【概要】
パク・ケイン(ソン・イエジン)は、高名な建築家の一人娘で、父が設計した伝統家屋サンゴジェに住む家具デザイナー。恋愛ベタだが、気さくで飾らない人間味のある魅力を持っている。建築事務所のチーム長であるチョンチル(キム・ジソク)と付き合っていたが、同居していた親友に恋人を横取りされてしまう。ボロボロになったケインの前に、設計士で建築事務所の所長、チョン・ジノ(イ・ミンホ)が現れる。ジンホはクールでイケメンでセンスがよくてカンペキな男。しかし、ふとしたことから、ケインにゲイだと誤解されてしまう。ジノは、プロジェクトのコンペを勝ち抜くことに意欲を燃やしていて、コンペ勝利の鍵はサンゴジェの設計にあると考え、ケインの住むサンゴジェを偵察に行き、サンゴジェに借間して住むことになる。自分を裏切った元カレ、チョンチルに復讐をしようと、ジノと結託するケインだったが、ケインもジノもお互いに友達以上の感情を抱くようになっていく。

【感想】
シティーハンターで好感度が上がったイ・ミンホですが、このドラマでもホレずにはいられないくらいのイイ男!(作品の順番としては個人の趣向のほうが先なんですが。)ちょっと堅物で融通が利かないところもあるんですが、曲がったことが嫌いな性格で、表面的にはクールに見えるけど、心に秘めた情熱と真の優しさを持つ男性!
ケインは、ほんとにお人よしで、恋に不器用なんですが、好感が持てる女性。ソン・イェジンさんと言えば、今までの作品で綺麗で女らしい人というイメージを持ってたんですが、このドラマではそれを覆す役どころで、最初のほうでは、そこまでやっちゃうの?という驚くようないでたちも見せてくれました。女優さんてすごいな~と思ったもんです。でも、終盤に向かって、本当の恋を知ったせいか?だんだんと綺麗になっていく。
大笑いしたのが、ジノがゲイだと勘違いされるんだけどそのほうが都合がいいからということで、ジノの先輩がゲイのふりをするあたり。おなかをかかえて笑っちゃいました。
泣きどころは2回。ケインがジノのことを好きになり、ジノをゲイだと思いこんでいるケインは女性として愛してもらえないけどそれでもいいという切ない思いを抱くあたり。そして終盤、幼い頃の辛い記憶が蘇り、ケインがショックを受けるあたり。
あ、それから、忘れちゃいけない!リュ・スンリョンさん演じる、チェ館長の演技も見所です。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4/5 (2)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.