コッチ

ウォンビン/チョ・ミンギ/イ・ジョンウォン/パク・チヨン/イェ・ジウォン/イ・ヨウォン

kocchi

2000年(KBS)50話
脚本:イ・ギョンヒ
演出:チャン・ソンヒョ

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

ウォンビン ソン・ミョンテ 三男、22歳で高校生
チョ・ミンギ ソン・ジュンテ 長男、高校の教師
イ・ジョンウォン ソン・ヒョンテ 次男、警察官
パク・チヨン ペ・サンラン 未婚の母で喫茶店のママ
イ・ヨウォン ホ・ジヘ ミョンテの同級生

【概要】
1970年代の韓国。養子の7歳のコッチという少女の目を通して、父親、母親、3人の兄弟を取り巻くさまざまな出来事が語られる。
話の中心になるのは3兄弟の三男ミョンテ(ウォンビン)。22歳で高校生。すぐ頭に血が上る性格のため喧嘩の絶えない生活をしていたが、年上で未婚の母である喫茶店のママ、サンランに恋心を抱き少しずつ変わっていく。
長男ジュンテは高校の教師。優しい性格で、高校の教師をしていて人望も厚い。
次男ヒョンテは警察官をしながら司法試験の勉強をしており、無口で一見冷たく見える。
一家に次から次へと数々の出来事が起こるが、サンランの元恋人の出現で、家族の間に更に大変な問題が立ち起こっていく。

【感想】
1時間×50話という長編で、一度途中で挫折して見通せなかったのですが、今回最後まで見ました。
前半は淡々と話が進んでいきますが、後半は面白くなっていきます。
家族の絆、本当の愛、本当の幸せについて考えさせられ、感動の涙を誘う名作です。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
評価はまだありません

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします