京城スキャンダル

カン・ジファン/ハン・ジミン/リュ・ジン/ハン・ゴウン

kyonjyon

2007年(KBS)16話
脚本 チン・スワン
演出 ハン・ジュンソ

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

カン・ジファン ソヌ・ワン 雑誌記者
ハン・ジミン ナ・ヨギョン 夜間学校教師、独立運動家
リュ・ジン イ・スヒョン 朝鮮総督府保安課勤務
ハン・ゴウン チャ・ソンジュ 妓生

【概要】
1930年代の京城(現在のソウル)
(この時代の朝鮮には、祖国のためなら流血をいとわない抗日運動家と、つかのまの自由と豊かさを楽しむモダンボ-イ&モダンガ-ルが共存していた。)
金持ちの御曹司で、京城最高のプレイボーイ、ソヌ・ワン(カン・ジファン)は、ある日、独立運動家のナ・ヨギョン(ハン・ジミン)と出会う。雑誌社ちらしのメンバーと妓生のソンジュ(ハン・ゴウン)は、ワンが堅い女性ヨギョンを落とせるかどうかの賭けをする。
ワンのかつての親友でワンの兄と共に独立運動をしていたスヒョンは、総督府のエリートに転身して戻ってくる。

【感想】
主役の二人よりも、ハンゴウンとリュジンの愛が胸に迫ります。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
評価はまだありません

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします