シティーハンター in Seoul

イ・ミンホ/パク・ミニョン/イ・ジュニョク/ファン・ソニ/ク・ハラ/ヤン・ジンソン

2011年(SBS)20話
演出:チン・ヒョク
脚本:ファン・ウンギョン/チェ・スジン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

イ・ミンホ イ・ユンソン 国家地図通信網チーム職員、復讐を目論む
パク・ミニョン キム・ナナ 大統領府警護員
イ・ジュニョク キム・ヨンジュ エリート検事、密かにナナを援助
ファン・ソニ チン・スヒ 獣医、ユンソンの正体を知りつつ協力
ク・ハラ チェ・ダヘ 大統領の娘

【概要】
日本の人気コミック「シティーハンター」を原作とし、韓国ドラマテイストが加わった作品。
1983年、韓国大統領を狙った北朝鮮のテロが発生し、韓国政府最高幹部はテロに対する報復を決意し、特殊部隊を北朝鮮に送り出すが、政府の事情で計画は急遽中止され、21名の工作員は抹殺される。その中ただひとり生き残ったジンピョは、無惨に政府に見捨てられ抹殺された仲間のために、作戦を指示した5人への復讐を誓う。自分をかばったために亡くなった親友ムヨルの生まれたばかりの息子をさらって、タイに移住。子供をユンソンと名づけ、武術の達人として育てる。成長したユンソン(イ・ミンホ)は、実父の死の真相とジンピョの復讐計画を知り、復讐の任務を果たす決意をし、韓国へ帰国。青瓦台のネットワークチームに博士として潜入する。ユンソンは大統領警護官のナナ(パク・ミニョン)に出会い、彼女に惹かれていく。ユンソンはジンピョの”命を奪う”復讐とは考えが違い、検事に渡して法で裁いてもらうというやり方で一人一人復讐を遂行していくが、そのスタイルから世間からシティーハンターと呼ばれるようになる。

【感想】
面白かったです!!
悪い政治家を暴き制裁を下していく痛快さ、もどかしく切ないロマンス、出生の秘密など、さまざまな要素が盛り込まれた見ごたえのあるドラマです。
主役を演じるのは「花より男子」のイ・ミンホ。アクションが華麗でカッコイイ!この人はホントにスタイルは抜群ですし、正真正銘のイケメンですね。たびたび画面の彼の姿や顔にほれぼれしました(笑)「花より男子」の時は道明寺役というキャラのせいか、これほどまでにイケメンだとは気づかなかったです(笑)
そしてヒロインを演じるのは「成均館スキャンダル」のパク・ミニョン。男まさりの警護官という一方、ユンソンをけなげに愛する女らしい面も見え、とても好感が持てました。
また、KARAのク・ハラが、大統領の娘役で奔放なお嬢様を演じてますが、ドラマに一味加える好演をしてました。
動物病院の獣医を演じるファン・ソニさん、並行して見ていた「サイン」では不敵な微笑を浮かべる連続殺人犯役を上手に演じていて、こちらでは、頼りになる医者、どちらも好演で、注目の女優さんです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4.75/5 (4)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.