グッバイ・ソロ

チョン・ジョンミョン/ユン・ソイ/キム・ミニ/ペ・ジョンオク/イ・ジェリョン/キム・ナムギル

goodbaysolo

2006年(KBS)16話
脚本 ノ・ヒギョン
演出 キ・ミンス/ファン・イニョク

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

チョン・ジョンミョン キム・ミノ カフェの従業員
ユン・ソイ チョン・スヒ インテリアデザイナー
キム・ミニ チェ・ミリ ミノの高校の同級生
イ・ジェリョン カン・ホチョル ミリの恋人、ヤクザ
ペ・ジョンオク オ・ヨンスク カフェの常連
キム・ナムギル ユ・ジアン スヒのボーイフレンドでミノの友達

【概要】
人気脚本家ノ・ヒギョンの作品。
母の不倫で生まれたと知ったミンホ(チョン・ジョンミョン)は家を出てバーテンダーをしている。ミンホは高校の同級生ミリ(キム・ミニ)を好きだと公言しながら、密かに親友ジアン(イ・ハン)の彼女スヒ(ユン・ソイ)を想っていた。ある日、ミンホはスヒの済州島出張に同行することになり、その日をきっかけにスヒはミンホを愛するようになる。ミンホはスヒを愛する親友ジアンのことを考え、本音を隠すが、ジアンもある事情を隠して生きていた。
一方、ミリと遊び半分で付き合っていたヤクザのホチョル(イ・ジェリョン)だったが、いつのまにかミリに心を奪われ始める。ホチョルも、ミリとの結婚を避ける事情を隠していた。

【感想】
メインの登場人物の他に、ミンホと親しくするおばあちゃん(ナ・ムニ)、ミリのアパートの隣に引っ越してきた謎めいた女性ヨンスク(ペ・ジョンオク)など、登場人物全員がそれぞれ悩みを抱えて生きています。そして、登場人物全員が演技が達者で、1人1人のキャラが個性的です。
特に、ミリ役のキム・ミニの演技が光ってると思いました。
映像、カメラワークも凝っていて、素晴らしい作品だと思います。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
評価はまだありません

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします