シークレットガーデン

ハ・ジウォン/ヒョンビン/ユン・サンヒョン/キム・サラン/イ・フィリップ/ユ・インナ/イ・ジョンソク

2010年(SBS)20話
演出:シン・ウチョル/クォン・ヒョクチャン
脚本:キム・ウンスク

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

ハ・ジウォン キル・ライム スタントウーマン
ヒョンビン キム・ジュウォン ロエルデパートCEO
ユン・サンヒョン オスカー ジュウォンの従兄、プレイボーイの韓流スター
キム・サラン ユン・スル オスカーの元恋人、CF監督
イ・フィリップ イム・ジョンス アクションスクールの武術監督
ユ・インナ イム・アヨン ライムのルームメイトでロエルデパートの店員
イ・ジョンソク サン 天性の音楽センスを持つアーティスト

【概要】
ジュウォン(ヒョンビン)はロエルデパートの社長で御曹司。素晴らしく広大な邸宅に住んでいる。社員からはちょっと変わり者と思われている。従兄のオスカー(ユン・サンヒョン)はプレイボーイの韓流スター。ユン・スル(キム・サラン)はジュウォンの見合い相手だが、オスカーと昔恋人関係だったことがあった。キル・ライム(ハ・ジウォン)はスタントウーマン。アクションスクールの監督イム・ジョンス(イ・フィリップ)を尊敬していて、オスカーのファンでもある。ひょんなことから、ライムとジュウォンは知り合う。ジュウォンは、質素な暮らしをするライムに対して上から発言を連発しているが、だんだんライムのことが頭から離れなくなる。ある日済州島で行動を共にすることになったジュウォンとライム。道に迷ったライムを探しに行き、二人は怪しげな食堂に辿り着く。ソウルに帰り、食堂のおばさんにもらったお酒を飲んだ二人は、翌朝、二人の魂が入れ替わるという驚愕の事態に直面する…。

【感想】
韓国で放送時の反響が大きく、楽しみにしていたドラマ。
本当に噂に違わず面白かったです!
最初の数話はちょっとかったるかったんですが、魂が入れ替わる展開に入ってからは、笑った笑った!二人の仕草や周りの人達の反応が笑えます。
笑える面白さのドラマなのかと思って見ていたら、後半は切ない展開になり、泣けて泣けて…
今年見たドラマで最高のドラマになりました。

俳優さんについて言えば、ヒョンビンは「キムサムスン」のときの社長と似たタイプですね。
ハ・ジウォンは、「チェオクの剣」で素晴らしいアクションを見せてくれたのを思い出します。
ドラマ内の撮影シーンで「チェオクの剣」のチェオクの姿になりアクションするシーンがあります。
イ・フィリップは、「太王四神記」「男の物語」と見て注目してる俳優さんですが、今回は寡黙で無表情であまり冴えない男を演じていて、かっこよさを消していた気がするんですが?英語ペラペラでカッコイイ方なので、次回は彼の魅力を発揮できる役を演じてほしいな~と思います。
ユン・サンヒョンは、歌う姿は素敵だったけど、ダサい韓流スターという設定だったんでしょうか?服装が似合ってないのがいつも気になってました。普段のままならかっこいいのに。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4.18/5 (11)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.