キツネちゃん、何しているの?

コ・ヒョンジョン/チョン・ジョンミョン/チョ・ヨヌ/コ・ジュニ

kitunechan

2006年(MBC)16話
脚本:キム・ドウ
演出:クォン・ソクチャン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

コ・ヒョンジョン コ・ビョンヒ アダルト誌編集者
チョン・ジョンミョン パク・チョルス 自動車整備士
チョ・ヨヌ ペ・ヒミョン 泌尿器科の医師
コ・ジュニ(キム・ウンジュ) コ・ジュニ ビョンヒの妹、モデル

【概要】
2005年に大ヒットした「私の名前はキム・サムスン」の脚本家キム・ドウの痛快ラブコメディ第2弾。飾らないセリフとストレートな性描写で、韓国の30代女性の圧倒的な支持を獲得した。

33歳、男性経験ゼロのアダルト誌編集者、ビョンヒ(コ・ヒョジョン)。ビョンヒの友人の弟、24歳の自動車整備士、チョルス(チョン・ジョンミョン)。ある日酔っ払ったビョンヒは、チョルスととんでもないことになってしまう・・・。
年の差9歳の愛は成り立つのか・・・?

【感想】
とても楽しかったです!
私は「キム・サムスン」よりもこちらのほうが好きです。
「ファッション70’s」のビンとは同一人物とは思えない可愛い青年を演じる
チョン・ジョンミョンに、心をつかまれました。
コ・ヒョジョンも「春の日」の彼女とは180度違うタイプの女性だし、
二人の役者さんの役者ぶりにも感嘆です。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
評価はまだありません

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします