がんばれ!クムスン

ハン・ヘジン/カン・ジファン/イ・ミンギ/チェ・ジャヘ/イ・セウン/キム・ナムギル/キム・ユソク/キム・ソヒョン

kumusun

2005年(MBC)164話
脚本:イ・ジョンソン
演出:イ・デヨン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

ハン・ヘジン ナ・クムスン 美容師の卵
カン・ジファン チェ・ウナン 外科医
キム・ユソク ノ・シワン ノ家の長男、銀行員
イ・ミンギ ノ・テワン ノ家の次男、モデル志望
チェ・ジャヘ ナ・クマ クムスンの従妹
イ・セウン チャン・ウンジュ クムスンの美容室の副店長
キム・ナムギル ノ・チョンワン ノ家の三男でクムスンの亡き夫

【概要】
両親を失い祖母に育てられたクムスン(ハン・ヘジン)は、おっちょこちょいだけど、まっすぐで明るく元気いっぱいな女の子。20歳という若さで、大学生の彼氏チョンワン(キム・ナムギル)との間に赤ちゃんができてしまい、チョンワンの両親の猛反対を受けるが、なんとか結婚までこぎつける。ところが、結婚して間もなく、チョンワンが事故死してしまう。行くあてのないクムスンは、そのままノ家で暮らすことになり、男の子を産む。初めはクムスンを疎ましく思っていたノ家の家族たちだったが、徐々にクムスンを家族の一員として受け入れていく。
かねてからの夢である美容師を目指し、子供を育てながら美容室で一生懸命働くクムスンは、美容室のオーナーの息子で医師のジェヒ(カン・ジファン)と出会い、思いを寄せられる。そんなある日、亡くなったと聞かされていた母親が生きていて、病気で腎臓移植を必要としていることを知る。

【感想】
30分×164話という長編ドラマ。半年以上かかってやっと見終わりました。
長編は苦手な私ですが、途中で飽きることなく、1話も見逃せませんでした。
ずっとこのドラマの世界に浸っていたいという気持ちにさせるのは、脚本の素晴らしさゆえでしょうか。
クムスンの人生に次々と問題が立ち起こりますが、悩みながら一つ一つ問題を乗り越えて前向きに力強く生きるクムスンの生き方に、とても好感が持てます。
クムスンの実家、嫁ぎ先の家族、登場人物、一人一人の心の動きが丁寧に描かれています。
後半の重要な登場人物であるカン・ジファンの、クムスンにメロメロな様子が微笑ましいです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

このドラマのあなたの評価を★の数(5段階)でお願いします