ガラスの靴

キム・ヒョンジュ/キム・ジホ/ハン・ジェソク/ソ・ジソプ

garasunokutu

2002年(SBS)40話
脚本:カン・ウンギョン
監督:サイ・ユンソク

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

キム・ヒョンジュ キム・ユニ=イ・ソヌ 事故で記憶喪失に、食堂で働く
キム・ジホ キム・テヒ ユニの実姉、チェハグループの孫娘
ハン・ジェソク チャン・ジェヒョク テヒの幼なじみ
ソ・ジソプ パク・チョルン ユニが働く食堂の隣に住んでいる
キム・ミンソン ウ・スンヒ 食堂の娘、偽者のキム・ユニ

【概要】
生き別れになった財閥の孫娘の姉妹と、彼女達を取り巻く人々との愛憎劇。
雪の降る日、幼い姉妹テヒとユニを残して貧しい男が交通事故死する。彼は大財閥の御曹司だったが、父と絶縁していたのだった。父の死をきっかけに姉妹は父の実家に引き取られることになるが、ユニは事故で記憶喪失になり行方不明となってしまう。
それから15年。財閥の娘として育ったテヒ(キム・ジホ)と、記憶を失ったまま引き取られた貧困家庭の娘として成長したユニ(キム・ヒョンジュ)が再会を果たす。

【感想】
かなりはまったドラマの1つ。
出生の秘密、貧富の差、三角関係、記憶喪失、ドラマティックな別れと再開・・・
すべての要素が揃った韓国ドラマの王道を行くドラマ。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4.67/5 (3)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします