私の期限は49日

イ・ヨウォン/チョ・ヒョンジェ/チョン・イル/ペ・スビン/ナム・ギュリ/ソ・ジへ

49nichi

2011年(SBS)20話
脚本 :ソ・ヒョンギョン
演出 :チョ・ヨングァン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

イ・ヨウォン ソン・イギョン&シン・ジヒョン 恋人を亡くした女性/ジヒョンの魂が憑依
チョ・ヒョンジェ ハン・ガン 建築士でワインバーを経営
チョン・イル スケジューラー 魂を死後の世界に引導する
ペ・スビン カン・ミノ ジヒョンの婚約者でガンの先輩
ナム・ギュリ シン・ジヒョン 交通事故で脳死状態に陥る

【概要】
結婚を控え、何不自由なく幸せに暮らしていたお嬢様のジヒョン(ナム・ギュリ)は、ある日交通事故に遭い、生死を彷徨う脳死状態になってしまう。そこに現れたのが、この世とあの世をつなぐ仕事をしている「スケジューラー」という死神のような男(チョン・イル)。「血縁者以外の、自分を心から愛してくれる人の純度100%の涙3滴を得る」という条件を達成すれば生き返ることができると告げる。 ジヒョンは、恋人を亡くして以来抜け殻のように生きてきた女性、イギョン(イ・ヨウォン)の体を借りて、涙を集める作業を始める。最初は自分はたくさんの人達に愛されていると思っていたジヒョンだったが、現実には純度100%の涙を流してくれる友人が見つけられず、自分が友人達にどのように思われていたかを知ることになる。親友と婚約者にも裏切られていたことを知りショックを受けるジヒョンだったが、高校の時からの友達であるガン(チョ・ヒョンジェ)が自分に思いを寄せていることを知り、49日を過ごす間に両思いに発展する。果たして、ジヒョンは、期限までに涙を集めて生き返ることができるのだろうか?

【感想】
久々にはまりました。面白かったです!
脚本は「華麗なる遺産」も担当した作家さん。笑えて泣けるストーリーです。
イ・ヨウォンの明るい女性と陰のある女性の一人二役、よかったです。
たまたまチョ・ヒョンジェの出演作を続けて見ることになりましたが、
チョ・ヒョンジェというと、これまで優しくて静かなタイプの役どころが多かった気がするんですが、
今回は今までにない感じの、押しの強いはっきりしたタイプの男性を演じていて、
チョ・ヒョンジェの新たな一面を見た気がしました。
スケジューラーのチョン・イルもいい味を出していましたね。
メインのストーリーと絡んでサイドストーリーが進行していくのですが、
そちらのほうのラストのほうがかなり泣けてしまいました。
心に残るお気に入りドラマの1つになりました。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
4.5/5 (4)

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.