僕の彼女は九尾狐

イ・スンギ/シン・ミナ/ノ・ミヌ/パク・スジン

2010年(SBS)16話
演出:プ・ソンチョル
脚本:ホン・ジョンウン/ホン・ミラン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

イ・スンギ チャ・テウン アクションスターを目指す演劇科の学生
シン・ミナ ク・ミホ 500年間封印されていた九尾狐
ノ・ミヌ パク・ドンジュ クミホを追う謎の獣医師
パク・スジン ウン・ヘイン テウンの演劇科の先輩

【概要】
韓国ではおなじみの民話上の狐の妖怪、九尾狐(クミホ)を題材とした、ロマンティック・コメディ。
苦労知らずの演劇科映画科の大学生、テウン(イ・スンギ)は、迷い込んだお寺の掛軸に500年封印された九尾狐の封印をといてしまう。人間界に舞い戻った九尾狐のミホ(シン・ミナ)は、重傷を負ったテウンの体に狐玉を入れて助ける。ミホはテウンと生活するうちにテウンとずっと一緒にいたいと思い始め、人間になりたいと思う。そんなミホを最初は疎ましく思っていたテウンだが、次第に彼女に惹かれていく。人間と九尾狐(クミホ)の恋は成就するのだろうか?

【感想】
「美男(イケメン)ですね」も担当したホン姉妹の脚本ということで期待しすぎたかも…。
楽しく見たのは見たんですけど、ストーリーがお子ちゃま向けで、はまれなかったです(^^;)

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
評価はまだありません

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.