タルジャの春

チェリム/イ・ミンギ/イ・ヒョヌ/コン・ヒョンジン/イ・ヘヨン

taruja

2007年(KBS)22話
脚本 カン・ウンギョン
演出 イ・ジェサン

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

チェリム オ・ダルジャ ホームショッピング番組マーチャンダイザー
イ・ミンギ カン・テボン フリーの恋人代行業者
イ・ヒョヌ オム・ギジュン 有名ブランド輸入会社社長
コン・ヒョンジン シン・セド ホームショッピング番組プロデューサー
イ・ヘヨン ウィ・ソンジュ ホームショッピング番組司会者

【概要】
33歳のキャリアウーマン、タルジャ(チェリム)は、仕事に生きてきて恋愛には不器用。同期のセド(コン・ヒョンジン)に二股をかけられて、プライドを傷つけられ、復讐のため、恋人代行業者を名乗る若い男、テボン(イ・ミンギ)に恋人役を依頼する。そんなある日、理想的なタイプのギジュン(イ・ヒョヌ)が現れ、タルジャはアプローチをし始め、ギジュンもタルジャに好意を抱くが、ギジュンには別居中の妻がいた。そんな不器用なタルジャを愛おしく思い始めるテボン。最初は契約上の関係でしかなかったタルジャとテボンだったが、いつしか信頼で結ばれ、恋に落ちていく。

【感想】
「タルジャの春」は前に見たことがあり、2回目視聴です。
最近、30代独身女性の恋愛ものの放送が続く気がしますが、流行りでしょうか?
30代女性の微妙な心の動きがコミカルに描かれていて、同感したり、くすっとしたりの楽しいラブコメです。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度
評価はまだありません

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.