愛してると云って

キム・レウォン / ユン・ソイ / ヨム・ジョンア / キム・ソンス

2004年(MBC)15話
脚本:キム・ギュワン
演出:オ・チョンロク

【主な登場人物】(韓国俳優事典にリンク)

キム・レウォン キム・ビョンス 映画会社社員
ユン・ソイ ソ・ヨンチェ ビョンスのガールフレンド
ヨム・ジョンア チョ・イナ 映画会社社長
キム・ソンス パク・ヒス 映画音楽家

【概要】
純愛と情熱、嫉妬、苦悩・・・二組の男女の四角関係ドロドロのドラマ。
キム・ビョンス(キム・レウォン)とソ・ヨンチェ(ユン・ソイ)は、子供の頃から一緒に育ち、互いに唯一の特別な異性という存在になっていた。
ビョンスとヨンチェが共に入社した映画会社の女社長チョ・イナ(ヨム・ジョンア)は、ビョンスの純粋さに惹かれ、ビョンスを誘惑し、ビョンスは一時の気の迷いでイナを抱いてしまう。事実を知ったヨンチェはビョンスを許そうとするが、イナに妊娠したと嘘を告げられたビョンスは苦悩する。イナは二人の仲を裂こうと、イナの恋人パク・ヒス(キム・ソンス)にヨンチェを奪うようにけしかける。

【感想】
はまって見ました。最終話を見終わった後脱力感でぐったりしました。

ほほえみ度
ウルウル度
トキメキ度
ハラハラ度
感動度

評価はまだありません

このドラマのあなたの評価を★の数でお願いします